ホーム グルメ > この夏のドリンクは「スイカ」がブーム? 大手メーカーが続々発売

この夏のドリンクは「スイカ」がブーム? 大手メーカーが続々発売

キリンビバレッジが7月22日より発売する『キリン スイカソーダ』 

[拡大写真]

キリンビバレッジが7月22日より発売する『キリン スイカソーダ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 今年の夏は、“夏の風物詩”であるスイカをモチーフに、大手メーカー各社がさまざまなドリンクを展開する。キリンビバレッジはスイカ味の炭酸飲料『キリン スイカソーダ』を7月22日より全国で発売すると発表。また、JTは21日よりゼリー飲料『果実体感 涼みすいか』を発売しているほか、サッポロ飲料も清涼飲料水『がぶ飲みすいかウォーター』を7月5日より発売する。夏は清涼飲料水が飛ぶように売れる季節だが、大手メーカーが続々と展開することで、今年はスイカ味のドリンクがブームになるかもしれない!?

 1987年に発売されたこともあるキリンビバレッジの『スイカソーダ』は、現代風に風味を改良し、スイカの瑞々しさと甘さを表現している点が特長。同社は昨今の炭酸飲料人気と、炭酸飲料を飲む大人層が増加している点に着目。ビタミンB6を加え、健康価値を高めている。

 JTが発売している『果実体験 涼みすいか』は、ボトルを振って好みの柔らかさに調節するゼリー飲料で、実際にスイカの果汁も入っている点が特長。また、サッポロ飲料初となるスイカフレーバーの『がぶ飲みすいかウォーター』は、1995年から続く「がぶ飲み」シリーズの期間限定商品として展開。サッパリとした甘さに仕上げ、のどが渇く夏場に“飲みやすさ”を訴求する。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R