ホーム グルメ > 今年の注目成分は“酒呑みの味方”オルニチン!? 配合商品続々登場

今年の注目成分は“酒呑みの味方”オルニチン!? 配合商品続々登場

エースコックが19日より発売する、オルニチン配合『大人のはるさめ 参鶏湯』 

[拡大写真]

エースコックが19日より発売する、オルニチン配合『大人のはるさめ 参鶏湯』 
■その他の写真ニュースはこちら

 “メタボ健診”の義務化や健康・アンチエイジング意識の高まりに伴い、これまでもさまざまな成分が配合された商品が発売されてきたが、今年は、肝臓の働きを助け飲酒後の体調管理や疲労回復に役立つとされている「オルニチン」配合商品が続々と発売されそうだ。エースコックは7月19日より、オルニチンと高麗人参を配合した新商品『エースコックが19日より発売する、オルニチン配合『大人のはるさめ 参鶏湯』を発売。キリンはグループ横断ブランド「キリン プラス−アイ」の第1弾として同成分配合の商品を展開し、予想を上回る売れ行きを見せている。

■味噌汁からヨーグルトまで、各社から続々発売

 人気の「はるさめ」シリーズから登場する『大人のはるさめ 参鶏湯』は、韓国で夏の滋養強壮料理として知られている“参鶏湯”に発酵法で製造されたオルニチンを100mg配合したもの。キリンビールは『キリン 休む日のAlc.0.00%』を、キリンビバレッジは『キリン 大人のキリンレモン』と『キリンウコンダブル』を、小岩井乳業は『小岩井大人のヨーグルト』2種を、キリン協和フーズはフリーズドライのカップ粥『Cayu〜na(かゆー菜)』をそれぞれ4月より発売している。

 キリンビールの商品は2010年の年間販売予定数を当初の40万ケース(大びん換算)を発売から約2か月で達成し、目標数を上方修正。グループ全体でもオルニチン配合商品の合計販売金額が、発売から2か月で年間目標50億円の約6割に到達するなど、大きな注目を集めている。

 オルニチン配合の著名商品といえば、永谷園が2009年3月より発売している“オルニチン味噌”使用の『一杯でしじみ70個分のちから』シリーズだ。これまでシリーズ4品で10億円以上を売り上げ、昨年11月には約1か月に渡り品薄状態になったほどのヒット商品に。同社は今後もオルニチン配合の新商品発売を検討している。

■男女問わず注目 オルニチンが持つ“可能性”

 オルニチンとは主に肝臓で働いているアミノ酸の一種で、食品ではシジミに多く含まれているといわれる。この成分が肝臓の働きを助けることで、飲酒後の体調管理や疲労回復に役立つとされている。

 オルニチンの研究と情報発信を行っているオルニチン研究会は「詳しいメカニズムはまだわかっていないが、オルニチンにはコラーゲン産生を促進する効果もあり、美肌効果に関するメカニズムなどの実験も進んでいる」と今後の“可能性”についてコメント。

 これまでもビタミンやイソフラボン、コエンザイムQ10、コラーゲンなどの配合商品が多数発売されてきたが、そのメインユーザーは美容に関心が高い女性たちだった。“美容”のほか“飲酒”、“疲労”などへの効果が期待されるオルニチンは、男女問わずに注目を集める“ヒット成分”になるかもしれない。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R