ホーム グルメ > 流行と暑さのW効果? “食べるラー油”メニュー、各社で大ヒット

流行と暑さのW効果? “食べるラー油”メニュー、各社で大ヒット

今年の夏は“食べるラー油”を使ったメニューが大ヒット!(写真はバーミヤンの『おつまみ辣油』税込208円) 

[拡大写真]

今年の夏は“食べるラー油”を使ったメニューが大ヒット!(写真はバーミヤンの『おつまみ辣油』税込208円) 
■その他の写真ニュースはこちら

 人気の“食べるラー油”を使ったメニューが、ファストフードやファミリーレストラン、コンビニエンスストアなどで続々と登場し人気を得ている。暑い夏はスパイシーなメニューが人気を集めるが、猛暑が続く今年はこれまでの評判も手伝って“ラー油”に支持が集まっているようだ。

 ファーストキッチンが今月15日より発売している『レタスとベーコンの食べるラー油パスタ』(税込580円)は生パスタにレタスやトレビス、パプリカなどの野菜をちりばめ、最後にフライドガーリックの食感とごま油の風味が特長のオリジナルラー油をトッピングした大人向けメニュー。繁華街で展開している「街なか店舗」のみの限定商品だが、発売初日から評判を聞きつけたファンが集まって注文が殺到。わずか5日で1日の販売数を制限する事態となった。

 また、モスバーガーは6月に期間限定で発売し品薄状態となった『テリー伊藤のざくざくラー油バーガー』を30日より再発売する。情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)とのコラボで生まれた同メニューは当初予定数の100万食を大幅に上回り、最終的には18日で210万食を突破。今回は食材が確保できた100万食分限定で展開する。

 ガストが展開している“食べるラー油メニュー”は海老、チキン、野菜がたっぷり乗った『食べるラー油で楽しむ野菜たっぷり冷やし麺』(同628円)と、和風ソースにラー油をかける『食べるラー油で楽しむ野菜たっぷり和風ハンバーグ』(同628円)。バーミヤンでは『酸辣湯麺(サンラータンメン)』(同628円)、『冷し麻辣麺(マーラーメン)』にも自家製のラー油を使って販売。60ccの持ち帰り用商品『お持ち帰り おつまみ辣油』(同208円)も販売し、こちらも「順調に売れ続けている」(すかいらーく社)という。

 昨年から続く“食べるラー油”ブームは桃屋の『辛そうで辛くない少し辛いラー油』、エスビーの『ぶっかけ!おかずラー油』をはじめ、各社から発売されている商品が続々と品薄になる人気ぶりで、『ポテトチップス 石垣島ラー油味』(カルビー)や食べるラー油をイメージした『チップスターS ピリ辛ガーリック味』(ヤマザキナビスコ)など、人気はスナック類にも波及。ついには“食べるラー油”の元祖と言われる沖縄・辺銀食堂の『石垣島ラー油』の誕生秘話が映画化されるまでに至った。

 この夏、“食べるラー油”はさまざまな方向から消費者を楽しませてくれそうだ。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R