ホーム グルメ > うなぎに負けるな! 島根県特産品で“土用しじみ”PR

うなぎに負けるな! 島根県特産品で“土用しじみ”PR

オルニチンたっぷりのしじみ汁で夏バテ解消 【26日=東京・にほんばし島根館】 (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

オルニチンたっぷりのしじみ汁で夏バテ解消 【26日=東京・にほんばし島根館】 (C)ORICON DD inc. 
■その他の写真ニュースはこちら

 土用の丑の日にあたる26日、東京・にほんばし島根館で『土用しじみ祭り』が行われた。会場では島根県の特産品で宍道湖産しじみを使ったしじみ汁の無料配布が行われ、日差しが照りつける日本橋を歩いていた買い物客や会社員は配布されたしじみ汁に舌鼓を打った。浴衣姿で店頭に立ったしまね観光大使の小川千春さんは「宍道湖産のしじみは夏が旬で夏バテにもよいので、土用の丑の日にはウナギに負けないくらい食べていただきたいです」と、島根名物のしじみをアピールした。

 土用の丑の日といえばウナギが有名だが、しじみも“土用しじみ”といわれ夏バテ解消の食材として長年重宝されており、近年ではしじみに含まれるアミノ酸「オルニチン」が二日酔いや疲労回復に役立つとして注目を集めている。

 今回のイベントは市場に出回るしじみの約4割を出荷している島根県のアンテナショップ・にほんばし島根館と「オルニチン」の研究や情報発信を行っているオルニチン研究会が共同で企画。しじみ汁の無料配布のほか量り売り即売会、「オルニチン」配合ドリンクのプレゼント、学習院女子大学教授・品川明氏の解説などを実施した。また、併設の郷土料理店では今日から1週間限定の特別メニュー『しじみ御膳』を提供する。

 「島根では1年中しじみ汁を食べる家が多いんです。島根のしじみはダシを使わなくてもしじみの風味だけで充分おいしいんですよ」とは前述の小川さん。猛暑が続く今年の夏、夏バテ解消には、ウナギだけじゃなくしじみの力も借りてみては?


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R