ホーム グルメ > 「ラ王」、生産終了わずか1ヶ月で復活

「ラ王」、生産終了わずか1ヶ月で復活

生産終了から約1か月で復活を果たす『日清ラ王 背脂濃コク醤油』『日清ラ王 旨味豚コク味噌』 

[拡大写真]

生産終了から約1か月で復活を果たす『日清ラ王 背脂濃コク醤油』『日清ラ王 旨味豚コク味噌』 
■その他の写真ニュースはこちら

 今年8月2日に生産終了した日清食品の『日清ラ王』が、新商品となって早くも復活することがわかった。新製法で麺の食感・風味を向上させた『日清ラ王 背脂濃コク醤油』『日清ラ王 旨味豚コク味噌』として、9月6日に関東甲信越・静岡地区で発売後、10月4日より全国展開する(税別237円)。「ラ王」といえば生産終了時はツイッターと連動した特設サイト「ラ王追湯式典」に生産終了を惜しむツイートが20万件以上集まったが、今回の復活劇も注目を集めそうだ。

 同ブランドは“本格ラーメンの追求”というテーマのもと1992年に登場。高価格帯商品にもかかわらず生タイプのカップ麺として人気となり、発売翌年には約4億4000万食を販売したが、その後競合商品が続々と発売され「ラ王」シリーズの販売数量は減少し、生産終了となった。

 その過程で同社は高い認知度を誇る同ブランドの後継商品を開発。“次世代中華カップ麺”として、より生麺に近い食感・風味が楽しめる独自開発の「3層太ストレート製法」を使ったノンフライ麺を採用した。また、パッケージも新形状の八角形容器を用いて、従来の「ラ王」ファンはもちろんのこと、新規ユーザーの開拓も目指す。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R