ホーム グルメ > ロングセラーアイス『ホームランバー』、50年目で初の“モナカ”商品登場

ロングセラーアイス『ホームランバー』、50年目で初の“モナカ”商品登場

9月27日に発売される、ブランド初のモナカアイス『ホームランモナカ バニラ&チョコ』 

[拡大写真]

9月27日に発売される、ブランド初のモナカアイス『ホームランモナカ バニラ&チョコ』 
■その他の写真ニュースはこちら

 今年で発売50周年を迎えるアイスクリームバー『ホームランバー』を展開する協同乳業は26日、モナカアイス『ホームランモナカ バニラ&チョコ』を9月27日より発売すると発表した。同ブランドからモナカタイプの商品を出すのは50年の歴史で初めて。

 『ホームランバー』は日本初の“当たりつき”アイスクリームバーとして1960年に発売。カップ入りのアイスが主流だった当時に片手で食べられる手軽さと「当たりが出たら、もう1本」というワクワク感、当時広告に起用した読売巨人軍・長嶋茂雄の人気もあり大ヒットとなった。現在では定番タイプのほかフルーツフレーバー、アイスボールなども展開し、50周年記念の少しリッチなプレミアム商品も発売されている。

 発売から半世紀を経て初めて発売される『ホームランモナカ』は、バニラとチョコレートの2つの味が楽しめる2割れタイプの箱入り商品。モナカの皮にはブランドキャラクター“ホームラン坊や”や野球を連想させるイラストをプリントしているほか、同ブランドの特徴である“当たりくじ”も付いている。価格は315円(税込)。


関連写真

関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R