ホーム グルメ > 「おせち料理作る」関東37.1%、関西45.8% 準備日数は「2日」が最多

「おせち料理作る」関東37.1%、関西45.8% 準備日数は「2日」が最多

日本のお正月といえばおせち料理…のはず? 

[拡大写真]

日本のお正月といえばおせち料理…のはず? 
 いよいよ今年も残すところ3日。新年を迎えるための準備で大忙しの人も多いだろう。正月の準備といえばおせち料理もそのひとつ。全国農業協同組合中央会(JA全中)の調査によると、関東では37.1%、関西では45.8%の人が「おせちを家で作る」と回答。また、おせちの準備にかける日数を聞いたところ、「2日」と答えた人が45.1%でもっとも多かった。

 最近ではスーパーマーケットや24時間年中無休のコンビニエンスストアにより元日から食材が手に入りやすいこと、デパートやスーパーで出来合わせのものを販売していることもあり、おせちを作ることが減ったと言われているが、同調査では関西のほうがおせちを作る人は多かったものの、関東・関西共に50%を割り、“現代のお正月事情”を裏付ける結果に。

 その他、「デパートやスーパーで購入する」(関東29.6%、関西22.5%)、「実家等、お正月を過ごす先で用意してくれる」(関東15.9%、関西19.7%)という意見もあったが、「おせち料理は作らないし購入しない」と答えた人が関東で25.5%、関西で23.2%いた。

 また、手間がかかると思われがちなおせち料理だが、準備期間は前述の「2日」のほか、「3日」(25.8%)、「1日」(19.7%)という結果に。4日以上準備にかけている家庭は2.9%に留まっている。

 同調査は11月12〜15日、全国20〜60代の男女1000人を対象にインターネットを使って実施。





関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R