ホーム グルメ > エバラが“食べる焼肉のタレ”発売

エバラが“食べる焼肉のタレ”発売

エバラ食品工業が2月21日より発売する『黄金の味 具だくさん』 

[拡大写真]

エバラ食品工業が2月21日より発売する『黄金の味 具だくさん』 
 「調味料をおかずにする」という目からウロコの発想で2010年は“食べるラー油”が大ブームとなったが、2011年は“食べる焼肉のタレ”が登場する。焼肉のタレ等の製造販売を行うエバラ食品工業は2月21日より、『黄金の味 具だくさん』(税込368円)を発売。同社の人気ブランド「黄金の味」にタマネギや白ゴマ、ニンニクを加えたもので、調味料としてはもちろんのこと、おかずとしても楽しめる点が特徴だ。

 りんご・桃・梅などを使用した焼肉のタレ「黄金の味」は同社が30年以上発売しているロングセラー商品。フルーツの甘さが感じられ、焼き肉のみならず炒め物や煮込み料理等の調味料としても使えると評判で、現在は甘口・中辛・辛口の3種類を発売している。

 “食べる焼肉のタレ”は同ブランドの中辛タレをベースに具を加えており、タマネギと白ゴマ、ローストしたニンニクの食感と風味がポイント。“食べるラー油”ファンはもちろんのこと、ラー油は苦手だという人たちにも訴求し新たな市場を開拓できるか、注目だ。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R