ホーム グルメ > マクドナルド、東電エリアでの24時間営業を順次再開

マクドナルド、東電エリアでの24時間営業を順次再開

28日より順次24時間営業を再開するマクドナルド (C)ORICON DD inc. 

[拡大写真]

28日より順次24時間営業を再開するマクドナルド (C)ORICON DD inc. 
 東日本大震災の影響で営業時間を短縮していた、東京電力供給エリアの『マクドナルド』24時間営業がきょう28日より順次再開する。消費者からの要望が大きいためで、今後も照明の一部消灯など店舗における節電対策は継続して実施する。

 東電エリアにある同店の24時間店舗は約700店。11日の地震発生後の15〜21日までは限定20店舗で、22日以降は205店舗で24時間営業を実施していた。また、これまで店舗外部照明の一部、室内の看板、ドライブスルーのポール看板、軒下照明、カウンター下照明などの点灯中止などのほか、客席照明を1店舗あたり約50%消灯するなどの節電対策を行っている。


関連リンク

シェア Google+

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R