ホーム グルメ > モスバーガーがJAL国際線の機内食に 期間限定・エコノミークラスで

モスバーガーがJAL国際線の機内食に 期間限定・エコノミークラスで

JAL国際線の機内食『エアモスバーガー』、このように運ばれ自ら組み立てて“バーガー”を完成させる  

[拡大写真]

JAL国際線の機内食『エアモスバーガー』、このように運ばれ自ら組み立てて“バーガー”を完成させる  
 ファストフードチェーンの「モスバーガー」を展開しているモスフードサービスは30日、日本航空(JAL)の機内食として機内限定メニュー『エアモスバーガー』を提供すると発表した。6月1日から8月31日の間、ニューヨークやシカゴ、ロンドンなどに向かう東京発の国際線全5便が対象で、プレミアムエコノミー・エコノミークラス席向けに用意される。

 『エアモスバーガー』は1973年に発売され現在でも人気の商品『テリヤキバーガー』をベースにしたメニュー。“作りたて”の感覚を味わえるよう乗客自身がバンズ、パティ、レタスを組み合わせ、テリヤキソースとマヨソースをかけて食べる点が特徴となっており、そのほかに副菜1品とドリンクが添えられる。国際線では通常2回分の食事が用意されるが、同メニューは2度目の食事として提供される。

 モスバーガーが機内食として継続的に商品を提供するのは初めて。同社は現在海外出店を強化しており、国内外のJAL利用者に向けた“モスバーガーの味”のアピール効果も期待しつつ、3ヶ月で総提供数約8万食を想定している。



関連写真

関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R