ホーム グルメ > スタバ、家庭用コーヒーを全国で販売

スタバ、家庭用コーヒーを全国で販売

家庭用『スターバックス』ブランド商品の店頭ディスプレイイメージ 

[拡大写真]

家庭用『スターバックス』ブランド商品の店頭ディスプレイイメージ 
 スターバックス・コーポレーションと味の素ゼネラルフーズは5日、現在一部エリアで発売している『スターバックス』ブランドの家庭用コーヒー商品を全国で販売すると発表した。今回発売されるのはお湯を注ぎまぜるだけで作れるインスタントタイプ、1杯ごとにドリップするパーソナルドリップタイプ、レギュラーコーヒーの3タイプ9商品。8月20日より全国のスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで取り扱う。

 『スターバックス』ブランドの家庭用コーヒー商品は2010年9月より関東エリアで、今年2月より近畿、中部、北陸エリアで発売を開始。コンビニでも買える手軽さがうけ、好評なことから全国での発売を決定した。

 人気の商品は20年かけて開発したというスティックタイプの『ヴィア』シリーズ。ダークローストの風味の「イタリアン ロースト」、ミルクとの相性がポイントとなる「コロンビア」のほか、今回新たに「ブレックファースト ブレンド」を展開。自宅や職場、外出先などさまざまな飲用シーンに合わせ、ドリップペーパー付きの『オリガミ』、豆をひいた状態のレギュラーコーヒーなども揃えている。

 手軽に飲める『スターバックス』ブランドのコーヒーはサントリー食品がチルドタイプ商品を全国で展開。2008年に発売された缶入り商品『スターバックス ダブルショット』シリーズは“140g170円”という価格にもかかわらずヒットし、“高級缶コーヒーブーム”を作った。他社との差別化とコーヒー豆価格の高騰で各社が味・価格ともに工夫と努力を凝らしている家庭用コーヒー市場で、スタバブランドがどんな存在感を放つか注目される。



関連リンク

シェア

注目★トピックス


おすすめコンテンツ


P R