ホーム エンタメ > 梨花ロングインタビュー「モデル、主婦、母… 梨花に訪れた変化」

梨花ロングインタビュー「モデル、主婦、母… 梨花に訪れた変化」

梨花ロングインタビュー「モデル、主婦、母… 梨花に訪れた変化」

3歳の息子が自分の意思で洋服を着るようになった

――今回、本当にお店やラインアップするアイテムの雰囲気がガラリと変わりましたよね。
【梨花】 3年前のオープン時は、今まで私がモデルとして表現させていただいてきた“ガーリーでかわいらしい世界”を、そのままお店で表現した形だったと思うんですけど、オープンして早々に母親になって、いろいろなことが変わってきて、どうしたものかということになって(笑)。一時は、自分のライフスタイルと切り離して考えても良いのかな?と思った時期もあったんですけど、3周年を迎えることもあって今の自分のライフスタイルのままでもう一度新たにスタートさせていただきました。

――今回、キッズラインが新たに展開されていますが、お子さんとの生活の中から生まれたアイデアってあるんですか?
【梨花】 それに関してはもう自分の勝手で、息子に着せたいなと思う服にしたというか(笑)。子どもが3歳になってお洋服をしっかり自分の意思で着るようになった時に、急に男の子っぽい格好が好きになりまして。ユニセックスで用意していますが、メンズ寄りのビジュアルのアイテムが多く揃っています。息子は、私が服を選んで着せようとしても、意思を持って“こっちの方が良い”って言ってくれるので、(着替えなどに関しては)割と日常がスムーズに進んでいます。

アミューズメント施設のような気分を味わってもらえたら

――梨花さんのファッションセンスを受け継いでいるんですね! 旦那さんの服は梨花さんが選ばれているんですか?
【梨花】 うちの旦那さんは油断も隙もなくて、(旦那が)自分でコーディネートした時にあの洋服がこんなになっちゃった…っていうこともあって(笑)。一緒に買い物に行った時などは、結構入り込んでいます(笑)。ペアルックではないですが、時々家族で雰囲気を合わせた洋服で出かけることもあります。

――最後に、改めて新しく生まれ変わったお店の魅力を教えてください!
【梨花】 「メゾン ド リーファー」って、本当に遠方から来てくださる方が多いんですよね。それってすごいことだなと思っていて。だから、お洋服屋さんなんだけど、カフェがあったりおみやげを買う売店があったり、来てくださった方に、アミューズメントっぽい気持ちを味わってもらえたら嬉しいです。

INFORMATION

MAISON DE REEFUR Daikanyama

梨花プロデュースのセレクトショップが4月18日にリニューアル! 「大人を楽しむ」をコンセプトに、自身のライフスタイルをそのまま体現したような、シンプルながらもこだわりのあるショップへと変身。

PLACE:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町24-7 代官山プラザビル1、2F
OPEN:11時〜20時
HP:https://www.maisondereefur.com/

< 1 2

シェア

おすすめコンテンツ


P R