ホーム メイク・コスメ・スキンケア > 上戸彩、長澤まさみ、水原希子… 2016年夏のトレンドメイクを徹底解剖

上戸彩、長澤まさみ、水原希子… 2016年夏のトレンドメイクを徹底解剖

上戸彩、長澤まさみ、水原希子… 2016年夏のトレンドメイクを徹底解剖

【水原希子メイク】目元の印象を際立たせる大胆カラー遣い

目尻に大胆なカラーでインパクトを

 『マキアージュ』の水原希子さんは、なんといっても目元がポイント。肌なじみの良いアイシャドウの上に、ブルーのカラーを目尻にのみ大胆に効かせることで凛とした雰囲気に仕上げています。肌はセミマットタイプのパウダーを使用することで洗練された印象に。厚塗りに見せない自然な仕上がりにするのがポイントです。

『マキアージュ』公式HP

使っているアイテムはコレ!

A 『ピーチチェンジベースCC』
美容液成分配合の化粧下地。ほほの中心から円を描くようにマッサージしながら肌になじませると血色感のある桃色に変化。なめらかな肌質に整えてファンデーションくずれを防止してくれます。

B 『ドラマティックパウダリーUV』
光の補正効果で毛穴や色ムラ、くすみの見えない美肌へ。美容液水とパウダーをムース状にしたことで、粉っぽくならず肌になじみ、素肌も潤うファンデーション。

C 『ドラマティックムードアイズ』22
光を放つような透明感のある限定色「ブルーレディ」を使用。ブラウン系カラーに目尻にブルーのライナーを入れるだけでぐっと魅惑的な目元に仕上がります。

D 『ドラマティックムードヴェール』PK200
華やかで明るい印象が生まれるピーチピンクを使用。5つのカラーで自然な血色感に仕上がりに。クリーミーで粉っぽくないので肌なじみの良いグラデーションになります。

E 『デュアルカラールージュ』22
ストロベリーレッドを使用。淡い方を唇全体に塗った後に濃いカラーを中央に重ねて軽く唇を合わせてなじませるとふんわりと自然な色合いになる新感覚ルージュ。

さらにワンポイント♪
 目尻のカラーを際立たせるために、マスカラを根元からしっかりと塗布し、アイライン効果を出すのがポイント。アイラインをプラスする場合は、まつ毛の間を埋めるように細めに描くと、目尻を活かしながら目元を強くすることができます。

【長谷川潤メイク】自然でセクシーな“ツヤ肌”を最大限に生かすミニマムメイク

あえてポイントメイクを抑えて

 『マキアージュ』ポスターの長谷川潤さんは、まるですっぴんのような自然なツヤ感のある肌がポイント。メリハリをつけることが重要で、目元や口元は、あまり主張させないブラウン系のアイシャドウを使ってさりげなく仕上げることで、肌の美しさがより際立ちます。

『マキアージュ』公式HP

使っているアイテムはコレ!

A 『ドラマティックスキンセンサーベースUV』
肌の水分と皮脂をコントロールして、メイクしたての時のような美肌をキープ。肌なじみが良く、ファンデーションも密着することができる。

B 『ドラマティックパウダリーUV』
美容液水とパウダーをムース状にしたことで、素肌に潤いを与えながらムラなく肌に溶け込むようにフィットするファンデーション。

C 『ドラマティックムードアイズ』PK251
落ち着いたブラウン系の「スイートタブー」を使用。絶妙な4色グラデーションでナチュラルなのに印象的な目元に。

D 『ドラマティックムードヴェール』RD100
自然で穏やかなコーラルレッドを使用。クリーミーで粉っぽくないので自然な血色感に。簡単に美しく仕上がるブラシ&ドーム型スポンジ付。

E 『ドラマティックルージュ』OR221
ベージュ・オレンジ系「OR221キラーキス」を使用。つけた瞬間に美容オイルが体温でとろけて唇になじみます。発色良く滑らかなツヤと潤いが継続するルージュ。

さらにワンポイント♪
 ファンデーションを付ける際は、目の下や頬の中心部分など色ムラの気なる部分は、しっかりと塗布し、それ以外の部分は極薄に仕上げると、透明感のある仕上がりに。

(写真および情報提供)資生堂
『マキアージュ』公式HP:http://www.shiseido.co.jp/mq/index.html

< 1 2 3

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R