ホーム 恋愛・暮らし > 人気猫ベル&すずの“誕生日キス“に反響、「ロス乗り越えた」2匹との出会い

人気猫ベル&すずの“誕生日キス“に反響、「ロス乗り越えた」2匹との出会い

 ファッションブランドのアンバサダーを務め、雑誌のモデルやテレビ番組にもひっぱりだこの美猫兄弟・ベルとすず。3月に1歳を迎えたすずに、ベルがチューのプレゼントを贈ったインスタグラム動画が反響を呼んだ。ミルクティーカラーの美しい毛並みが愛らしい2匹。ペットロスだった飼い主さん(@ricorico_rico)を癒した運命的な出会いと、アイドル猫の素顔に迫る。

ペットロスを癒したベル、すずとは運命の出会いでお迎えすることに

 5月に3歳になったばかりのベル(オス)は、ミヌエットという猫種。ミヌエットは、マンチカンから誕生した新しい種類で、短い手足にくりっと丸い目がチャームポイントだ。弟分のすずは、スコティッシュフォールドの1歳。違った猫種ではあるが、いつも仲よしの2匹の出会いとは。

――猫種は違いますが、兄弟のように仲良く暮らしているベルちゃんとすずちゃん。2匹を家族としてお迎えしたきっかけを聞かせてください。

「子供の頃に飼っていた猫が亡くなってからかなりの間、猫ロスだった私ですが、実家で短足マンチカンを飼い始め、猫との生活にスイッチが入ってしまいました。ブリーダーさんからお迎えしようと色々調べていたところ、1年前に亡くなった父と同じ名前のブリーダーさんを発見。サイトを覗いたらなんともかわいいミヌエットという猫種に出会い、そこでベルちゃんに一目惚れしたんです」

――運命的な出会いだったんですね。

「はい。でもベルちゃんは、その後もお店にいる予定のお迎えできない猫ちゃんだったんです。紹介していただいた同じ毛色の短足のミヌエットも愛らしくとても迷ったのですが、やはりベルちゃんに心が惹かれてしまって…。ブリーダーさんのご好意で、ベルちゃんをお迎えできることになりました」
――そのあと、すずちゃんが仲間入りしたんですね。

「ベルちゃんが1歳の頃 多頭飼いを考えましたが、なかなか運命を感じる猫ちゃんと巡り会えませんでした。ベルちゃんが2歳になった頃、学校帰りの息子から『近所のペットショップで、ベルちゃん似の甘えん坊のスコティッシュを見つけたから、ベルちゃんと一緒に見に来て』と電話があって、会いに行ったんです」

――実際に会ってみていかがでしたか?

「ベルちゃんも一緒に連れて行って対面したところ、威嚇もなくなんとなくお互い気になる感じ。1日考えようと帰宅をしましたが、息子の決意は揺らぐことなく、翌日お迎えすることになりました」
――お迎えした後の2匹はどんな風に過ごしていましたか?

「すずちゃんをお迎えしたペットショップで、『初めは別々の部屋で、少しずつ会う時間を増やしてください』と言われたんです。でも、会いたくて会いたくて仕方ないベルちゃんは、初めて引き戸を開け すずちゃんに会いに行く始末(笑)。動画にもその時の初々しいふたりの再会シーンが残っていますが、何度見ても心がほっこりする光景です。それからは引き戸を開けるのはベルちゃんの役目になっています。

――普段の2匹の様子について教えてください。

「すずちゃんは、なんでもベルちゃんの真似をします。ごはんを食べる時に、『ベルを鳴らす』『おすわり』『お手』『ハイタッチ』『イェーイ(人が拳と拳をくっつける様なもの)』も、教えることなくやる様になりました。毎朝の日課であるトイレの水洗での水遊びも、ベルちゃんに負ける事なく朝起きたら真っ先にトイレのドア前で待っています。

――すずちゃんはベルちゃんが大好きなんですね。

「そうですね。ベルちゃんも、すずちゃんがごはんを横取りしても怒らず優しく見守っています。よくカリカリごはんのかじった半粒をお皿に残し、ベルちゃんの食べ終わったお皿をチェックするすずちゃんにあげています」

ジャージにワイルドアフロ、乙姫様まで 衣装を着せるのも撮影も時間との勝負

――インスタグラムでは、ドレスやお雛様、ジャージ姿などを素敵に着こなす2匹に、「素敵」「very beautiful」など多くのコメントが。着せ方のコツなどありますか?

「ベルちゃんは洋服を嫌がらないので、頭を通すと自分で袖に手を通してくれます。すずちゃんは手が長いので、袖に手を通す時、時間がかかると嫌がります。後ろからパッと頭を通しサッと手を通すのがコツですね」

――サッと……相手が猫ちゃんだと大変そうですね。

「着てしまえば嫌がりませんが、着せる時は時間との勝負です(笑)。あとは、冬はふたりとも普段から洋服を着ているので慣れもあると思います」
――撮影する際に気をつけていることはありますか?

「飽きてしまうとかわいそうだし、眠くなってしまうので、撮影も時間との勝負です。かわいい映像は夕方以降や天気の悪い日に、黒目がまん丸な状態で撮ります。キレイな映像は、昼間に光が差す出窓や外で撮ります。といっても、まだまだ一眼初心者なので勉強中です!」

――2匹で撮影の際に違いはありますか?

「みなさんも同じだと思いますが、愛猫ちゃんのかわいい角度や好きな角度があると思うんです。特に、ベルちゃんとすずちゃんは足の長さが違うので、アングルがかなり違いますね。カシャブンやおやつなど興味あるもので操りながら、カメラや携帯の高さや位置を変えて撮っています」

「今日は撮らない」と決めても、かわいすぎて撮ってしまう日々…

――飼い主さんにとって、日々アップしているSNSはどんな存在ですか?

「最初は、ベルちゃんの成長記録としてSNSを始めたんです。生後2ヶ月前にお迎えしたベルちゃんは動きがかわいいので動画を撮るのが楽しくて、気づくと携帯に9000弱の動画が。「今日は撮らない!」と思っていても、ついまた撮ってしまってどんどん増えていきました(笑)」

――フォロワーたちからのコメントも毎回たくさんついていますが、SNSを始めて変わったことはありますか?

「フォロワーさんが増え、実際に出かける猫友だちもたくさんできました。日本各地からも遊びに来てくれるようになって、今までと違う世界が広がりました。人懐っこいベルちゃんのおかげでたくさんの猫友ができ、そしてそのベルちゃんの性格と、すずちゃんのベルちゃん愛により、楽しい映像が撮れることをふたりに感謝し、愛おしく思います」

――インスタやツイッターには海外の方からもコメントが多いのが印象的です。

「外国の方から、「日本に行くのでベルちゃん、すずちゃんに会いたい」とメッセージをいただくこともあります。英語が堪能ではない私は丁重にお断りさせていただいていますが(笑)、とても嬉しく思っています」

――SNSを通じて新たな出会いが広がったんですね。

「かわいい写真やキレイな写真、楽しい動画が撮れると自分も嬉しいです。それを「いいね」してくれるお友達やフォロワーさんにも感謝しています。でも、1番の感謝はベルちゃんとすずちゃんに出会えたことですね!」

INFORMATION
◆Instagram(@ricorico_rico
◆Twitter(@BellSuzuchan

【猫】おしゃれなアイドル猫、ベル&すずフォトギャラリー

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R