ホーム 恋愛・暮らし > しっぽの先までラブラブ…保護猫のそら&双子猫“アメカヌ”と飼い主の愛に溢れた毎日

しっぽの先までラブラブ…保護猫のそら&双子猫“アメカヌ”と飼い主の愛に溢れた毎日

保護猫活動を知るきっかけにも SNSは「宝物のような大切な世界」

――Instagram等のSNSで投稿を始めたきっかけは?

「先代のみかんのかわいさ、愛しい毎日を記録しておける場所が欲しかったからです。それぞれの猫達の物語が伝わる瞬間を写真におさめて、残せればと思っています。」

――飼い主さんにとって、3匹の様子をアップしているSNSはどんな存在ですか?

「宝物のような大切な世界です。初めはかわいい自慢&成長記録で始めたのですが、みかんの死を通して、たくさんの方に支えていただき、SNSを通して“そら”と出会えました。“そら”と出会えたから“アメカヌ”とも出会うことができました。」

――SNSを通じて、たくさんの出会いがあったんですね。

「はい。今では自分の大切で愛しい存在を、驚くほどたくさん人に愛していただけるようになりました。私も日々、SNS上で出会うみなさんの大切な存在の幸せを願うようになっていて、『大きな愛のコミュニティが存在しているなぁ〜』と実感しては、いつも感動してしまうんです。」
――SNSを通して、変わったことはありますか?

「SNSを始めるまでは、私も“保護猫”のことをよく知りませんでした。保護猫活動をしている方とのご縁が出来てからは、自分でも『もっと知りたい』『私にもできることがあるならやりたい』という気持ちが大きくなりました。」

――3匹が保護猫であることに対して、反響もありますか?

「3匹を見て『保護猫を家族に迎えました』『自分が猫を家族に迎える時は保護猫の里親になりたいです!』と言ってくださる方も増えてきて、それがすごく嬉しいです。あたたかい輪が広がっていけばいいな、と感じています。誰かが幸せになれたり、前を向くきっかけになれたら嬉しいですね。」

――日々、更新するSNSに込めている想いは?

「みかん、そら、アメリ、カヌレへラブレターを書いてるようなつもりでSNSのギャラリーを作っています。みかんが天国へ旅立ってから「#みかんが幸せでありますように」というハッシュタグをつけて、願いを込めて投稿しています。」

――今後、3匹と一緒に実現させたい夢はありますか?

「3匹の成人式をすることが夢です。1日でも長く一緒に生きて、沢山の幸せを感じさせてあげたいと思っています。そんな姿を、大好きな写真におさめていけたら最高です。」

INFORMATION
Instagram @riepoyonn
ブログ「双子猫のアメカヌちゃん&そら

現在、ねこの合同写真展&物販展『ねこ休み展 夏 2019 in Gallery AaMo』(2019.7.12〜2019.8.25)と『ねこ休み展 in 湘南』(2019.7.24〜2019.8.6)に参加中。

【猫】そらと双子のアメリ&カヌレのラブラブショット

  • 2017年5月頃のアメリとカヌレ
  • アメカヌのぎゅーを見るだけで心穏やかに過ごせそう
  • 段ボールにむぎゅーっと入ったアメカヌ
  • お鼻とお鼻でチュー
  • まんまるになってお昼寝
  • アメカヌのむっちりむぎゅむぎゅまとめ
  • アメカヌのお世話をする優しいそらお兄ちゃん
  • 生後3ヶ月頃のアメカヌ、ベッドで並んでお昼寝

>> Photo Galleryをもっと見る

< 1 2

シェア Google+

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R