ホーム 子育て > 男の子を優しく見守るシッター猫に、命の重さ教えてくれた愛猫と共に育つ男の子に反響

男の子を優しく見守るシッター猫に、命の重さ教えてくれた愛猫と共に育つ男の子に反響

 子どもが生まれる前から猫を飼っているyuiiiさんとrieさん。yuiiiさんは白猫、黒猫、ハチワレ猫の3匹とともに暮らしており、家族と特に仲の良い白猫のブランは、幼い息子さんが机やいすにあがろうとすると阻止してくれる面倒見のいいお兄ちゃんのような存在。rieさんの5才の息子さんは、赤ちゃんの頃から兄のような存在だった愛猫ザクロと3才の時に死別。その悲しみを乗り越え新しく迎えたコスモスには、ザクロが自分にしてくれたように弟のように接しているという。兄弟のように猫と仲良く暮らす2人の男の子の日常をお母さん方に聞いた。

危険も察知?“プロシッター”白猫ブランの姿に660万再生「ジブリの世界」

 yuiiiさんは3匹の猫を飼っているが、それぞれ性格はばらばら。「白猫のブランは、人間大好きで超甘えん坊。優しい性格で、息子の面倒を率先して見てくれています。黒猫のノワールは、撫でてもらうのがとにかく大好きな甘えん坊。息子の面倒は見てくれませんが、猫の面倒見は良くお母さんみたいな存在です。白黒ハチワレのグリは、人間が大っ嫌い。猫は大好きで、猫には甘え上手です。家族でも近くに行くと逃げてしまいますが、夫にだけは撫でてもらうのが好きなようです」と教えてくれた。

 一番の人間好きな白猫のブランは、ある日息子さんがダイニングテーブルに上がろうすると、机の上に先回りしてそれを阻止するかのような素振りを見せた。その様子を撮影した動画をyuiiiさんがSNS上で公開すると、45万いいね、660万回再生を超える反響があり、「癒しがすごい」「最高のシッター」「ジブリの世界」などというコメントが寄せられた。

 普段からブランは息子の面倒見のいいお兄ちゃんのような存在で、「息子がソファーに座ってテレビを観ていたら隣にブランも寝て一緒に寛いでいたり、息子がおもちゃで遊んでいるところをスリスリして撫でてと催促したりしています。息子も猫を構うモードになったらブランのことを撫でたり抱きしめたりします」と話すyuiiiさん。そんな姿に日々癒されているだけでなく、“プロシッター”ブランがいつもそばにいてくれるおかげで息子さんが寂しがることはめったにないとのことだ。

1才の男の子を見守る”シッター”白猫ほか、仲良し黒猫&ハチワレ猫フォトギャラリー

  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常
  • いたずら防止でドアノブを縦にされて怒っているブランさん
  • 1才の男の子に毎日寄り添うブランくんと、黒猫ノワールちゃん、ハチワレ猫グリちゃんの日常

>> Photo Galleryをもっと見る

ひとりっ子少年が愛猫失った悲しみ乗り越え、得たもの「ザクロ、今日もありがとう」

 rieさんは子どもの頃から猫を飼っており、ザクロは息子さんのたいくんが生まれる前から一緒で、たいくんにとって初めての友達でもあり兄弟のような存在だったという。そのザクロが他界した時、当時3才だったたいくんは泣きもせず、ザクロの亡骸を撫でて、じーっと見つめていたとrieさんは語る。「数日経って、『ザクロは宇宙に行ったんだね』と言ったり、『ぼくが大きくなったらロケットに乗ってザクロを迎えに行く』と言ったり。ザクロを想って私が泣いていると、『また会えるから大丈夫』と涙を拭ってくれたり、ザクロにお祈りをする、とろうそくを灯して『ザクロがきれいなお花になれますように』と手を合わせたりしてくれました」

 それからしばらくは、また家族として猫を迎えることは考えていなかったそうだが、rieさんの猫と関わっていたいという気持ちから、市の動物愛護センターでボランティアに登録。特にお世話が必要な生まれたばかりの子猫を一時的に自宅で保護する活動に参加し、そこで、のちに現在の愛猫となるコスモスに出会う。
 亡くなったザクロは、たいくんが赤ちゃんの頃からしっぽで寝かしつけたり、遊び相手をしてくれたりしてくれたが、コスモスが遊んでほしそうにおもちゃを持ってくると、忙しいrieさんの代わりにたいくんが遊んであげたりと、今度はたいくんがコスモスの世話をしているという。

 テレビを見る時もお風呂に入る時もコスモスと一緒に過ごすたいくんだが、もちろんザクロのことを忘れたわけではない。今でもザクロの話を頻繁にし、度々匂いや手触りを思い出している。毎日眠る前には「ザクロ、今日もありがとう」と言って眠りにつくという。

 そんなたいくんは、自分より小さい存在に対して、動物であれ、人であれ、とても優しく接することができ、且つ相手のペースに合わせてあげられるそうだ。赤ちゃんの頃からマイペースな猫と暮らしてきたおかげなのか、いい意味で、人は人、僕は僕、という姿勢を5才にして持っているとのこと。「お友達に『〇〇ごっこしようよ』と誘っても、相手が違う遊びをしていれば強要することなく『あぁ今はそういう気分じゃないのねー』と引き下がれるのは、猫との暮らしで培ったものなのかもしれません」とrieさんは話す。

 ザクロの死を乗り越え、コスモスとの日常を通して、人一倍思いやり・強さ・やさしさを身につけたたいくん。子供が幼い頃からペットを飼うことに不安視する声も少なくないが、自身も猫と共に成長してきたrieさんが語るように、子どもがペットと共に成長することでかけがえのないものが得られるかもしれない。

愛おしい…!生まれた時から愛猫と暮らすたいくんのほっこり日常フォト集

  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット
  • たいくんと愛猫の仲良しショット

>> Photo Galleryをもっと見る

シェア

関連リンク

おすすめコンテンツ


P R