ホーム 子育て > 現役アナによる“赤ちゃん実況動画”にリクエスト殺到「めちゃめちゃ面白い」「うちの子も実況して」

現役アナによる“赤ちゃん実況動画”にリクエスト殺到「めちゃめちゃ面白い」「うちの子も実況して」

 現役アナウンサーがSNS上で公開している赤ちゃんの実況動画が「センスありすぎ」「めちゃめちゃ面白い」「うちの子も実況してほしい」などと反響を呼んでいる。彼は某民放局で情報、報道番組からスポーツ実況、ナレーションなど幅広く活躍しているが、先月から赤ちゃんや子どもの日常を実況する『実況ベイビー』動画をSNS上で公開。早くも200件以上の実況依頼が殺到しているとのことだ。最近ではアナウンサーのゲーム実況動画もYouTube等で話題になっているが、本業以外で実況を始めた理由を聞いた。

自分の実況が各家庭の思い出の1ページに「普段の仕事では頂けないコメントが励み」

妹にお菓子をあげたい気持ちと今はあげてはいけない理性と闘うお兄ちゃん

妹にお菓子をあげたい気持ちと今はあげてはいけない理性と闘うお兄ちゃん

――『実況ベイビー』を始めたきっかけを教えてください。

普段はアナウンサーとして、スポーツ実況や街中の景色を描写するなどの実況練習をしていましたが、コロナ禍でスポーツ中継が減り、外出機会が少なくなったので、他に実況練習の手段はないかと考えていました。そんな中、親戚や友人の子どもの動画に遊び半分で実況を付けてみたところ反響が大きかったので、見切り発車でインスタグラムを開設しました。今までSNSをろくにしてこなかったので日々勉強です。ちなみに最近サムネイルの設定方法をフォロワーさんから教わりました。

――赤ちゃんの行動を実況する上で、意識されていることはありますか?

子どもの成長は目を見張るものがあると思いますが、その一挙一動に実況を添えることで特別な思い出を提供できるよう心掛けています。工夫としては、子どもの奇想天外な行動に私の妄想ではありますがストーリー性を持たせつつ、真面目に描写することで『それっぽい』ものに仕上げています。1投稿あたり30秒程度ですが、発想力に自信がない、ただ妥協はしたくないという理由からストーリーが決まるまで数時間、長くて数日間要することがあります。自分の中でオッケーが出たらすぐ投稿するのではなく、妻の校閲、最終確認を経てオッケーが出たら投稿しております。妻のテコ入れで面白く仕上がった時は複雑な気持ちです。
――反響のあった動画を教えてください。

積み木を崩す破壊神たっくん
家族みんなで、ベイビーたっくんに壊されないよう積み木でお城を築く様子を実況しました。容赦ないたっくんが愛らしいので注目です。

ママのボディガード
ママと近所でお散歩している男の子をボディガードに見立てて実況をつけました。勝手にママのボディガードにしちゃいましたが、立派に成長して本当にママを守ってもらいたいですね。

シンデレラオーディション
女の子が玄関にあるパパの靴を履こうともがいている動画をシンデレラに見立てて実況したものです。オチに注目してください。

――印象に残っているコメントがあれば教えてください。

どのコメントも大変有難いのですが、「子どもが大きくなった時にまた見せてあげたいです」というコメントにはやりがいを感じましたし、原動力になりました。実況ベイビーはエンタメに留まらず、各ご家庭の思い出の1ページになっているのかと思うと嬉しくてたまりませんでした。そして、普段の仕事では視聴者の方から直接コメントを頂くことが少ないのでとても励みになります。

「スポーツとは一味違ったワクワク感」起床時も寝る前も常に実況ベイビーで頭いっぱい…

――普段の実況と実況ベイビーの共通点、異なる点を教えてください。

普段のスポーツ実況はルールや型がある中で行っていますが、実況ベイビーは妄想を膨らませて自由に喋れますし、子どもの行動は型破りなものが多いのでスポーツとは一味違ったワクワク感があります。ただ、動きを描写する点は普段の中継に通ずるものがありますし大切にしています。

――始めて早々、依頼が殺到しているんだとか?

大変有難いことに200名以上の方からご依頼頂いております。どの動画も最高に可愛くて面白いのですが、働きながら活動しているため、依頼数に投稿数が追い付かず申し訳ない状況です。最近では起床時、電車の中、寝る前と常に実況ベイビーのことを考えてしまいます。勤務中はもちろん仕事のことを考えています。
大食い界一の美少女じゅりちゃん

大食い界一の美少女じゅりちゃん

――実況において大切なことは何でしょうか?

「魅力度アップ」を大切にしています。正直子どもの動画は実況を付けなくても可愛いし、何だか微笑ましいものばかりです。ただ私の実況が付くことでよりその可愛さが増して、個性が際立って、動画をもっと見たくなるそんな喋りを目指しています。普段のスポーツ実況においても私の実況が付くことでアスリート、競技の魅力が一人でも多くの人に伝わればいいなという思いで臨んでいます。

――「実況ベイビー」を始めたことにより、本業での意識の変化等はありましたか?

自信がつきました。普段の仕事で感想を頂けることはほとんどないのですが、インスタグラムのコメントを通じて「仕事で培ったスキルが多くの方に還元できている」ということを体感し、自信に繋がりました。あとは子どもの動画を見過ぎているからか、子どもが早く欲しくなりました。子どもが生まれたら動画をたくさん撮って実況を付けてあげたいです。デレデレでそれどころじゃないかもしれませんが…(笑)。男の子もいいですが、女の子だったらもうダメですね。妄想が止まりません。
ママのボディガード

ママのボディガード

――最近ではYouTubeでゲーム実況をされるアナウンサーの方も話題になったりしていますが、本業以外にスキルを活かせる場があることをどのように思われますか?

自己肯定感を高めるという意味でも大切だと思います。私自身元々卑屈な性格なのですが、上記にもあるように、SNSを介して自分のスキルを再確認したことが自信に繋がったので悩んでいる方こそ挑戦すべきだと感じました。まだ駆け出しで偉そうなことは言えませんが、自身の視野、幅を広げるという点でも大切かと考えます。

――今後どんな動画を発信したいですか?

現在の投稿を継続しつつ、いつか自分の子どもに実況をつけて成長する姿をお届けしたいなと何となーくですが考えています。またインスタを介して子育てや教育に興味が湧き始めたので、親御さん向けに有益な情報をお届けできればと何となーくですが考えています。

【動画】“ママのボディガード”に“睡魔と闘う大食い美女”ほか、赤ちゃん実況動画に「センスありすぎ」

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ