ホーム ダイエット・ボディケア > 【ダイエットビフォーアフター】「肥満写真公開が戒めに…」炎上に屈しない40キロ減量成功者が語るSNSとの付き合い方「もう二度と戻る姿ではない」

【ダイエットビフォーアフター】「肥満写真公開が戒めに…」炎上に屈しない40キロ減量成功者が語るSNSとの付き合い方「もう二度と戻る姿ではない」

 オンラインダイエットアドバイザーとして活動中のMartyさんは、1年半で40キロ減量に成功。自らのダイエット体験を赤裸々にSNSで発信している。誹謗中傷を受けながらも、顔出しをしてダイエット仲間を励まし続けた。そんなMartyさんが、炎上しがちなダイエットテーマのSNS活用の信念について語った。

「幸せなカップルは太る」「痩せたら自信がつくは幻想」実体験で得たダイエット論

――ダイエットをきっかけにいろいろと日常も変わったとのことですが…。

Martyさん ダイエットを初める当時、離婚を考えていました。そしてダイエット成功後に、学生時代から付き合っていた夫と離婚しました。肥満で離婚するよりも、痩せて綺麗になった方がその後の就職活動や恋愛など、人生においてチャンスが多いと思いました。現在、ダイエット経験を活かしたオンラインダイエットアドバイザーとして活動しています。ダイエットをして得をしたことはたくさんあります。

――ダイエットについてのありのままの姿をSNSで公開していますが、恥ずかしさはありませんでしたか?

Martyさん すべてをさらけ出して周囲に痩せると公言したら、もうやるしかない状況に自分を追い込めるし、有言実行するためにも公開しようと思いました。初めてビフォーアフターを載せたときは、肥満体型の写真を載せることに恥じらいも感じましたが、「どうせもう二度と戻る姿ではない」という気持ちの方が強かったです。過去の私も私だけど、今の姿ではないから。自分の発言に説得力をつけるためにも、顔出しをした方が良いと思いました。

――SNSやブログで「幸せなカップルは太る説」に言及されています。

Martyさん 詳しくはブログに書いてますが、安心感ですね。私自身もそうでしたが、相手がいることで安心する。相手に承認されている安心感から、自分を磨くことをサボるんです。

――ブログでの「自信がないから痩せたいは痩せない」とする真意は?

Martyさん 痩せたからといって自信がつくわけじゃないから。「痩せて綺麗になったら自信がつく」という方程式が私にはよくわからない。自信は何かをやり遂げることを繰り返していくことでつくものです。痩せても綺麗になるとは限らない。それはただのシンデレラ願望。間違ったダイエット方法で痩せてしまうと、前より劣化してしまうこともあります。自信がない人は、いつも過去や今にとらわれています。これまでこうだったから、今がこんなだからって。未来に向かって視点を置けば、自信をつけることができます。

――ダイエットがきっかけで、職業や仕事の仕方など変わったことはありますか?

Martyさん もともと英会話教室を運営していましたが、離婚をきっかけに教室をたたみ、結婚相談所に就職。相談所には肥満の方も多くて、お見合いをしても、写真で見るよりもふくよかだったという理由で断られる人も多く、初対面では外見の印象がすごく重要なんだと学びました。標準体型でいる=自己管理ができている、健康である、という認識なんだと。会員さんのチャンスを増やすためにダイエットのアドバイスもしていたんですが、もっと具体的にアドバイスしたいと思いダイエットトレーナーの資格をとりました。そのときインスタのフォロワーさんたちからも指導をしてほしいとリクエストをいただくことが増えていたので、思い切って仕事をやめ、オンラインダイエットトレーナーとして活動を開始しました。

悲しくて悔しかった、SNSの顔出しダイエッターへの誹謗中傷

――ダイエットのSNSでの発信には誹謗中傷がつきまとう難しさもあるようですね。

Martyさん ダイエット投稿を始めた初期から、一緒にダイエッターとしてがんばろう!と励まし合っていた仲間が何人かいました。彼女たちも同じように顔出ししてダイエット経過を載せていたんですが、たびたび誹謗中傷され、そのことに心を病んでしまい、次々とSNSをやめてしまったんです。私自身も同じ体験をしました。なのでもう初期の頃の知り合いはほとんど残っていなくて、それがすごく悲しくて悔しくて。1人いなくなるたびに「自分は叩かれたりして辛いことがあっても、その人たちの分まで消えてはいけない」「私はその人たちのこと覚えているよ」「まだがんばっているよ」という姿を伝えたくて投稿を続けていました。

――そんななか応援してくれる人たちもたくさんいたんですね。

Martyさん 一貫して私のキャラを貫き通していると、いつのまにかメンターとして慕ってくれる方が増えました。「ありがとう」や「感謝しています」「救われた」「支えになった」と会ったこともない私に、そんな感情を抱いてくれることがすごく嬉しかった。私の発信が誰かの心を救ったりして、そのフィードバックをいただくことが継続の力になりました。

――ダイエットに関する投稿をして、SNSのフォロワーは増えましたか?

Martyさん もともと友人400人くらいのインスタでしたが、ダイエット投稿を始めて600人に増え、それ以降、日々アウトプットしていくことでいま5万人います。

――最後にダイエット挑戦中の方へメッセージをお願いします。

Martyさん どんなダイエットでもある程度エビデンスのあるものなら、継続さえすれば結果は出ます。正しい選択ができるだけの知識と行動する勇気があれば、必ずなりたい自分になることができます。淡々と継続してください。

Photo Gallery

LACLULU(ラクルル)体内フローラを整えながら健康的にダイエット 初回限定価格 498円(税込)永久返金保証書付き

詳しくはこちら

シェア

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)