ホーム コラム > 【専門医解説】年を取ると早く起きてしまうのはなぜ? 朝型と夜型の違いは「時計遺伝子」

【専門医解説】年を取ると早く起きてしまうのはなぜ? 朝型と夜型の違いは「時計遺伝子」

2023-09-07 eltha

 睡眠は私たちの健康にとって非常に重要なものです。睡眠不足は体調や気分だけでなく、記憶力や判断力などの認知機能にも影響を与えます。しかし、睡眠の時間や質は年齢や体質によっても変わってきます。年を取ると早く起きてしまうのはなぜでしょうか?この記事では、朝型・夜型の違いを生む時計遺伝子について専門医の大和行男さんが解説します。

自分の“クロノタイプ”知ってる? 「朝型」と「夜型」では、1日の体感時間が違う

 主に「朝型」と「夜型」の違いは、体内時計のリズムにあります。「朝型」の人は、体内時計が24時間よりも短く、「夜型」の人は、24時間よりも長いと言われています。つまり、「朝型」の人は早く眠くなり、早く起きることが自然であり、「夜型」の人は遅く眠くなり、遅く起きることが自然です。

 体内時計とは、私たちの生活リズムを決める生理的なメカニズムで、「時計遺伝子」がつかさどっています。「時計遺伝子」は遺伝的に決まっていると考えられていますが、主に光や温度などの外的要因によって発現リズムが調整され、年齢によっても発現レベルやリズムが変化します。
 一般的に、小学生の頃は「朝型」が多く、10代後半から20歳までの思春期は「夜型」に変わり、50代を過ぎ老年になっていくとまた朝型に戻っていくとされています。このように、年齢によって体内時計が前倒しや後ろ倒しになることを“クロノタイプ”と呼びます。

 年を取ると早く起きてしまうのは、体内時計が変化するからです。加齢とともに「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌が減少するため、「朝型」になりやすいのです。「メラトニン」は暗くなると分泌されるホルモンで、睡眠を促しますが、高齢者はその分泌量が低下し、夜に眠りにつきにくくなり、朝に早く目覚めてしまう傾向があります。

 朝型と夜型どちらが良いかは、タイプの違いなので、一概に答えはありません。「朝型」の人は「時計遺伝子」の多く、朝早くから体温が上がり、夜早くから体温が下がるので、早起きが得意で寝つきが良いです。早起きすることで一日を有効に使えたり、朝の光を浴びることで気分や活力が上がったりしますが、夜に集中力や創造力が低下したり、社会的なイベントに参加しにくかったりする側面もあります。
 逆に「時計遺伝子」の少ない「夜型」の人は、朝遅くから体温が上がり、夜遅くから体温が下がるので、起きるのが苦手で夜に活動的になります。夜に集中力や創造力が高まったり、社会的なイベントに参加しやすかったりしますが、早起きすることで睡眠不足になったり、朝の光を浴びられなかったりします。

 無理に自分のクロノタイプと異なる生活をすると、睡眠の質が低下し、健康や幸福感に影響を与える可能性があります。一番は、自分のクロノタイプに合わせて生活リズムを整えることが大切です。
医療法人社団先陣会理事長/こころと美容のクリニック東京 大和行男院長

監修者 医療法人社団先陣会理事長/こころと美容のクリニック東京 大和行男院長

こころと美容のクリニック東京院長として、思春期から成人まで幅広くメンタルケアから美容皮膚科の診療を展開。新しい概念として「思春期美容皮膚科」を提唱し、睡眠障害の在宅審査や指導、児童精神科の訪問診療やADHD治療などを行っている。
資格:子どものこころ専門医、精神科専門医
こころと美容のクリニック東京:https://www.kokoro-clinic.tokyo/

タグ
Facebook

関連リンク

あなたにおすすめの記事

おすすめコンテンツ


P R
お悩み調査実施中! アンケートモニター登録はコチラ

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ