TOP Beauty Cosme >美容液シャンプーでBeauty&Relax

美容液シャンプーでBeauty&Relax

毎日の習慣でキレイになる「お風呂de美容時間」

残業や家事で毎日ヘトヘト。スキンケアはなんとか頑張っているけれど、ヘアケアにまではなかなか時間をかけられなくて…という人も多いはず。そんな女性たちにオススメなのが、美容タイムとリラックスタイムを兼ねた「お風呂での美容時間」。最近話題の「美容液シャンプー」と共に、癒されて、しかもキレイになれるバスタイムの過ごし方をORICON STYLE eltha編集部が提案します!

お風呂タイム、どうしてる? みんなが悩む「理想と現実」

きちんとヘアケアしたいのに、時間がもてない!

 仕事も美容もちゃんとしていたい!と願う女性は多いもの。特に、美しい髪は女性の憧れです。ヘアケアブランド『アジエンス』を展開する花王株式会社が25〜44歳の女性約412人を対象に実施したヘアケアに関する意識調査では、ボディやフェイシャルを含むビューティーケアの中で最も重視するのは、【シャンプーの時間】と答えた人が89.1%でトップに。続く2位は、【トリートメントの時間】と答えた女性で84.0%。実に90%近くの女性がヘアケアにとても高い関心を持っていることが分かりました。

 ところが、実際に「力を入れていること」を聞いてみると消極的な結果が。シャンプーに十分なケアをしていると答えられた女性は41.7%と半数以下に落ち込み、トリートメントも47.1%に留まりました。現代の女性も「髪は女の命」という理想をもっていることは証明されたものの、実際にはシャンプーで汚れを落とし、トリートメントで潤いを補うまでで精一杯という、日々のヘアケアの現実を垣間見る結果に…。

トリートメントの時間の理想と現実 グラフ

「シャンプー選び」がヘアケア時間を左右する?

「シャンプー選び」がヘアケア時間を左右する?

ヘアケア時間を
「美容時間」に変えるには?

 ヘアケアは、かける“時間”はもちろんのこと“質”も重要。同調査でも、理想のヘアケア時間はどんなものか聞いたところ、【美容のための時間】(65.8%)がもっとも多く、次いで【自分を美しくするための時間】(53.2%)という順番に。しかし、実際はどのような時間になっているかというと…いちばん多かったのが【身だしなみ】で62.4%。中には【洗浄】(35.2%)、【習慣】(31.6%)など、少々味気ない回答も…。

 バスタイムは自分と向き合える大切な時間。好きな音楽を聴いたり、照明にこだわったりしてリラックスできる空間を作ると、1日の疲れもリセットできるはず。毎日のことだけに、つい“ルーティンワーク”となりがちなヘアケアも、シャンプーのときから髪の手触りが変化していくもの、香りが良いものなど、アイテムの選び方ひとつで気分が変わってくるはずです。

人気ヘアスタイリストに聞く、Beauty & Relaxヘアケア術

 髪のプロは、“ヘアケアと美容時間”についてどのように考えているのでしょうか? 人気ヘアサロン・ACQUAの世良綾花さん、熊谷安史さんに、“ヘアケア=美容”と考えるためのヒントや、役に立つ自宅でのヘアケア法を伺いました。

人気ヘアスタイリストに聞く、Beauty&Relaxヘアケア術

手間をかけずに
「お風呂で美容時間」の極意

世良さん 「癒しのようなものは今、美容院の中でも重視されているポイントなんです。女性のお客様も“1ヶ月頑張った自分へのご褒美”のような感じでいらっしゃる方がいらっしゃいますね」。
熊谷さん 「でも、毎月美容院でトリートメントをしている方はいいんですが、ここ数年は“サロンへ行くのは2〜3ヶ月に一度”という方も多いんです。美容院のトリートメントって、そこまでの期間はもたないんですよね。だから、ご自宅でのセルフケアがとても重要になるんです」。
世良さん 「とはいえ、女性って基本的に“キレイになりたいけど、手間はかけたくない”って思いがちですよね。いつもの行動にプラスαをするのは結構難しく感じる方も多いのではないかと思います。美容師である私でも、家でどんなケアしていますか?と聞かれると…(笑)。でも、やっぱり使うシャンプー、トリートメントでだいぶ違うな、と実感していますし、そういう声はよく聞きますね」。

いつものヘアケアを
見直すところから始めてみて!

世良さん 「ちなみに私のお風呂に入ってからの行動は、まず最初にシャンプーブラシを使ってシャンプーをするんですよ。そのあとシャンプーを流して、中間から毛先にトリートメントをつけたらクリップでいったん留めて、身体を洗って。身体を洗っている間に時間が経つので、そのあとにトリートメントを流して…という流れで」。
熊谷さん 「トリートメントは髪の根元からつける人がいますが、毛先につけることで効果を発揮するものなんですよね。あと、シャンプーは日常的なことなので改めて意識する人は少ないかもしれませんが、シャンプーの量やトリートメントをつける箇所など、少し意識してみてください。シャンプー剤は多すぎると、泡が重くなって洗い流すのに時間がかかったり、地肌に残るとかゆみや肌荒れの原因になります。このように、少し意識するだけで毎日のお風呂美容で得られる効果は、きっと、もっと高まりますよ」。
世良さん 「私たちのように美容師という職業ではなくても、髪がキレイということで好印象を持つ人は多いと思います。髪がパサついていて残念、という風にはっきり意識して見ているわけではなくても、全体の印象の中で髪が占める割合は少なくないと思うんです。髪の先まで気配りが行き届いている人は、自分が意識しているよりも人に好印象を与えることができると思うので、キレイな髪を心がけるとトクをすると思いますよ」。

「美容液シャンプー」で極上のヘアケア時間を

シャンプーにこだわればヘアケアはもっとステキな時間に!

シャンプーにこだわればヘアケアはもっと
ステキな時間に!

 同調査でも「美容のためにヘアケア時間を使っている」と答えた人たちのヘアケアアイテム選びは【髪に優しいものを選ぶ】(71.1%)、【香りの良いものを選ぶ】(55.9%)、【機能性にすぐれたものを選ぶ】(47.5%)などのこだわりが多数寄せられました。こだわって製品を選んでいる人は、ヘアケア時間の過ごし方が上手なうえに、ヘアケアそのものに対する意欲も高いようです。

 また、前述のACQUA・世良さんも、シャンプー選びの大切さについて「例えば、新しいシャンプーやトリートメントを買うと、いつもより念入りにヘアケアしますよね。色々試してもらったり提案したりしても、結局はいつもやっていることに戻ってしまうもの。だからこそ、シャンプーやトリートメントはいいものを使っていただきたいなと思うんです」と語ります。例えば、今話題の「美容液シャンプー」もそのひとつ。洗って汚れを落とすだけじゃなく、洗っているときから髪を美しくしてくれるという機能性に優れ、気持ち良い洗い心地で気分的にもリラックスできるシャンプーです。美容成分が行き渡り、使い続けることで髪質が健やかになってくる…。そんなイメージを頭に思い描いて髪を洗うだけでも、“作業”から“美容”へと気持ちが変化。「ちゃんとヘアケアしてる」という充実感や高揚感を楽しむことができるはず!

毎日の美容習慣
「美容液シャンプー」で髪を美しく

毎日の美容習慣 「美容液シャンプー」で髪を美しく

ASIENCE 公式サイト

髪を根本から変えていく
「美容液シャンプー」

 日々のヘアケアが大切なのはわかっていても、キレイになったという実感が得られないと、なかなか続けられないもの。「毎日のお風呂時間で髪の質を改善したい」「うるツヤ髪になりたい」という人に人気なのが、洗うときから美容成分が髪内部まで浸透して健やかな質感に変えていく「美容液シャンプー」です。

 あのアジエンスも「美容液シャンプー」を発売。「オリエンタル美容成分」が、洗うたびに髪の芯部まで浸透、修復し、ゴワついた髪をやわらかな手触りに変えてくれます。また、心をほぐす香りやバスルームを彩るボトルデザイン、やさしくクレンジングしてくれる豊かでキメ細かい泡もポイント。髪をキレイにしながら、バスタイムも華やかに彩ってくれる同製品は、話題になりそうです。

P R 
CS RANKING 自動車保険