ホーム ダイエット・ボディケア > 夏バテ防止にも! ビールのお供に「枝豆」が最適な理由

夏バテ防止にも! ビールのお供に「枝豆」が最適な理由


大豆と緑黄色野菜のいいとこ取り! 疲労回復効果も
その栄養価の高さから「畑の肉」とも呼ばれる大豆と同様に、枝豆にも栄養がたっぷりです。とくに豊富なビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるときに欠かせないもので、疲労回復効果もあることから、夏バテ防止にもひと役買ってくれます。また、脳細胞を活性化させて老化予防にひと役かってくれるレシチン、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをして更年期障害を和らげてくれるイソフラボンなど、女性に嬉しい栄養素もいっぱいです。


こうした豆ならではの栄養素に加えて、緑黄色野菜としての栄養も備えているのも嬉しいところ。大豆にはないビタミンCカロテンも豊富です。また、お酒好きなら見逃せないのが、タンパク質にあるアミノ酸メチオニン。アルコールの分解を促し、肝臓の負担を軽くしてくれます。枝豆がビールのおつまみというのは、単純に味の相性だけでなく、栄養的にも最高の組み合わせなんですね。

枝豆の選び方、おいしい茹で方のコツ
枝から切り離すひと手間がかかりますが、できれば枝付きのものが鮮度がよくておすすめ。その際は枝の感覚が狭いものを、豆はふっくらしているものを選びましょう。早めに食べきるのがベストですが、食べきれないときは固めに茹でて冷凍庫で保存します。


食べ方はシンプルな塩茹でが定番。おいしく茹でるコツは以下の3つです。
1.多めの塩でよくもむ
2.茹でる前には、さやの両端を5mmほどカットする
3.余計な旨味を逃がさないよう、茹で汁は少な目にし、茹で過ぎに注意する

塩でよくもむと余計なうぶ毛がとれ、鮮やかに茹で上がります。また、さやの両端を切り落とすと切り口から茹で汁がしみこみ、がよくつきます。茹で時間は4分程度が目安です。

< 1 2 3 >

シェア Google+

関連記事

P R