ホーム ダイエット・ボディケア > 夏バテ防止にも! ビールのお供に「枝豆」が最適な理由

夏バテ防止にも! ビールのお供に「枝豆」が最適な理由

おいしそうな枝豆がスーパーに並びはじめました。7〜9月にかけて旬を迎える枝豆は、ビールのおつまみにも欠かせません。


ヘルシーフードとして海外でも人気の枝豆
古くは江戸時代から食べられていた記録もある枝豆。その正体は、完熟する前の未熟な大豆です。植物学的には大豆と同じものですが、今では枝豆専用の品種も多く生まれています。

有名なのは新潟を中心に栽培されている「茶豆」や山形名物の「だだちゃ豆」。茶豆は、ゆでたての香りがよく、甘味もたっぷり。だだちゃ豆は、茹でるととうもろこしのような香りがします。ほかにお正月の定番「黒豆」の枝豆もあります。


海外でも枝豆は人気です。アメリカでは1999年にFDA(米国食品医薬局)が「1日あたり25g大豆タンパクを摂ると、コレステロールが低下し、心臓病のリスクを抑える効果が期待できる」と発表し、枝豆など豆製品への注目度がアップ。昨今の和食ブームも追い風となり、枝豆はヘルシーフードとしてすっかりポピュラーな存在になりました。

1 2 3 >

シェア Google+

関連記事

P R