ホーム グルメ > この夏限定! 行っておきたい “泡” が待つバー

この夏限定! 行っておきたい “泡” が待つバー


歴史ある空間「バー・マーブル」がビアホールに!
近代的なデザインの高層ビルが続々と建設され続ける東京・丸の内エリア。その一方で、皇居に隣接する一角には歴史的な建造物がいくつも残ります。国の重要文化財である明治生命館もそのひとつ。その荘厳な建物の地下にあるクラブレストラン、センチュリーコート丸の内には大人の女性こそふさわしい、リュクスな空間が広がっています。

バーやラウンジ、レストランで構成される複合施設ですが、バーラウンジ「バー・マーブル」では、9月18日までの期間限定でビアホールを開催中。

内装は明治生命館の歴史を受け継ぎながらもアール・デコの意匠を随所に配したデザイン。

この期間は、普段は味わうことができない、キリン「一番搾りプレミアム」を豪快にジョッキでオーダーできる。もちろん、ビールに合わせたオリジナルメニューも用意されている。

「一番搾りプレミアムジョッキ」¥900。

ビールに合わせたメニュー3品。左から「3種のピリ辛いソーセージと夏野菜のマリネ」¥2,200、「蛸の雑穀ライスピザ」¥1,600、蒸し鶏と揚げ茄子のキャロットソース」¥1,800。

さらに、アラフォー女性たちが寛ぎながらゆっくりと味わうのにちょうどいいセットメニューも展開。メインは1ポンド(2名分・450g)もあるステーキですが、女性2人でぺろりと平らげてしまう美味しさです。

炎の1ポンドリブロースステーキ″が味わえる、セットメニュー(1名¥4,500、2名よりオーダー可能)は、オードブル、シェフの気まぐれサラダ、炎の1ポンドリブロースステーキに、赤または白のハウスワインが2名に1本付く、盛りだくさんな内容。

明治9年に建てられた当時、この場所には、「マーブル」というレストランがあったそう。ブイヤベースやカレーライスが供されたメインダイニングやバー、ソーダファウンテン(喫茶)、そして鉄板焼や天婦羅が食べられる施設までを備える最先端の社交場だったとか。紳士淑女たちが集い、賑わった「マーブル」に想いを馳せながら、ジョッキを傾けてみてはいかがでしょう。


【DATA】
バー・マーブル
東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館B1F センチュリーコート丸の内内
TEL 03-3213-1711
営業時間:17:00〜23:30(LO 23:00) 金曜・祝前日は〜26:00(LO 25:30)
定休:土・日曜・祭日
※価格はすべて税別

< 1 2 3 >

シェア Google+

関連記事

P R
蠖ケ遶九▽シ∽スソ縺医kシ√♀縺吶☆繧∵ュ蝣ア貅霈俄飭 譏・縺ョ譁ー逕滓エサ縲悟ソ懈抄縲咲音髮 2019