ホーム レシピ > たっぷり作って常備菜に! キノコのガーリックマリネ

たっぷり作って常備菜に! キノコのガーリックマリネ

夕食の副菜に、晩酌のおつまみに、お弁当の一品に。
これひとつあれば何役にも使い回しが効く、おしゃれで便利な常備菜。
作りたてよりも一晩置いて味を染み込ませると、より美味しい!
冷蔵庫で数日持つので、休みの日にたっぷり作っておけば、忙しい日にも大活躍。
炒めたお肉や、パスタとからめるなど、アレンジメニューも楽しめます。


キノコのガーリックマリネ

調理時間 10分 +漬ける時間 133 Kcal
レシピ制作:おうちごはん研究家、管理栄養士、スパイスコーディネーター 金丸利恵


<材料 2人分>
マッシュルーム 3個
シメジ 1/2パック
エノキ 1/2袋
 塩 少々
<マリネ液>
 ニンニク(みじん切り) 1/2片分
 赤唐辛子(刻み) 1/2本分
 オリーブ油 大さじ2
 リンゴ酢 大さじ1
 塩 小さじ1/2
 砂糖 小さじ1/2
 コショウ 少々

<下準備>
マッシュルームはスライスする。シメジ、エノキはそれぞれ石づきを切り落とし、小房に分ける。


<作り方>
1、塩を入れたたっぷりの熱湯で、キノコ類をサッとゆでてザルに上げる。軽く絞り、水気をきる。


2、<マリネ液>を作る。フライパンにニンニクと赤唐辛子とオリーブ油を入れて弱火で加熱し、香りが出たら火をとめる。リンゴ酢、塩、砂糖、コショウを入れ、混ぜ合わせる。


3、ボウルに(2)と(1)のキノコをいれ、混ぜ合わせる。冷蔵庫で食べる前まで冷やし、器に盛る。


コツ・ポイント 
・前日に作って冷やして食べても美味しいです。



食物繊維たっぷりのキノコ。マリネにするとたっぷりの量を自然と食べられるので、繊維不足が気になる体にも嬉しい一品です。
(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R