ホーム レシピ > パーティやおもてなしに グラスボウルで作る美味しい紅茶

パーティやおもてなしに グラスボウルで作る美味しい紅茶

アイスティーが美味しい季節です。パーティーやおもてなし向けに美味しい紅茶をたっぷり作ったり、紅茶のアレンジを作ってみませんか?


© BillionPhotos.com - Fotolia.com



美味しい紅茶を作るには「ゴールデンルール」と呼ばれるものがあります。
それは、

(1)新鮮な茶葉を使う
(2)あらかじめ温めたティーポットを使う
(3)茶葉の量を正確に測る
(4)汲みたての水を沸かして使用する
(5)フタをして、正確な時間で蒸らす

という5つの項目。

(4)の汲みたての水がよい、とされるのは酸素を多く含み、その分紅茶が美味しくなるから。水道水を避けたい場合は、汲み置きで酸素が抜けているペットボトルの水ではなく、汲みたての浄水がおすすめです。

また、通常のティーポットはだいたいティーカップ2〜3杯分。4〜5人分といった人数の場合、一般的な大きさのポットでは少々手狭。そんなとき、グラスボウルでどーん!と作ってみませんか?


ボウルで淹れる紅茶

レシピ制作:料理家、フードジャーナリスト 崎野 晴子


 <材料(500ml分)>
茶葉 5g
汲みたての水 500ml

<作り方>
1、グラスボウルは一度熱湯を入れて温め、湯は捨てる。
2、汲みたての水を沸かす。ボウルに茶葉を入れ、お湯を注ぐ。
3、大きさのあった皿、またはラップでボウルにフタをする。
4、3分ほど蒸らす。



大容量で紅茶を作るなら、カラフルなフルーツが入った「ティーポンチ」にしてみませんか? パーティーにも活躍してくれそうです。

リンゴとオレンジのティーポンチ

レシピ制作:料理家、フードジャーナリスト 崎野 晴子


<材料(500ml分)>
リンゴ 5mm幅の輪切り2枚
オレンジ 5mm幅の輪切り5枚
ハチミツ 大さじ1と1/2
茶葉 5g
水 500ml
氷水 適量(紅茶を冷やす用)

<作り方>
1、リンゴは芯を除いていちょう切りにし、オレンジは2枚を半月切りにする。

2、500mlの水を沸かし、一度熱湯を通したボウルに5gの茶葉を入れ、沸かした湯を注ぐ。ラップかお皿でフタをして3分蒸らす。

3、別のボウルにハチミツ大さじ1と1/2を入れ、上からクッキングパーパーを敷いたザルを通して3を注ぐ。カラになったボウルに氷水をはり、紅茶を移したボウルを浸して冷ます。粗熱が取れたらオレンジの輪切りとリンゴを浮かべる。


グラスにはあらかじめオレンジの半月切り2枚とリンゴのいちょう切りを入れておきます。
通常はボウルに氷とフルーツを入れそこに紅茶を注ぎますが、氷が溶けてしまうと味が左右されてしまいます。このやり方にすれば失敗がありません。

お好みでハチミツの量を調節したり、あまったリンゴやオレンジの果汁を絞って加えるとよりフルーティーに仕上がりますよ。
(崎野晴子)
シェア Google+

関連記事

P R