ホーム 子育て > 授業で大怪我、痛がる生徒を「大袈裟」扱いする先生に生徒たちは…【女教師Aが地位も名誉も失った話 Vol.21】

授業で大怪我、痛がる生徒を「大袈裟」扱いする先生に生徒たちは…【女教師Aが地位も名誉も失った話 Vol.21】

■前回のあらすじ
小学4〜5年でおこなうハードルの授業を1年生に強いてきた先生。怖がる生徒たちに無理やりハードルをとばせて…












痛がる生徒を前に「1人で歩きなさい」と心配のそぶりも見せない先生。

生徒たちはそんな先生をふりきって助け合いながら保健室へ。

教室に戻っても怒りがおさまらない先生でしたが、転んだ生徒は骨が折れていたのです…


次回へ続く

※あくまで個人の体験談です。先生にまつわるお話になりますが、「すべての教師がそうだ」と誤解のないようお願いします。
※実話をベースとしたフィクションです。登場人物はゆっぺさん含めすべてフェイクです。


(ゆっぺ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ