ホーム 子育て > 摂食障害を知った彼の予想外の提案…それは母が望んだ職を手放すことだった!【親に整形させられた私が、母になる Vol.47】

摂食障害を知った彼の予想外の提案…それは母が望んだ職を手放すことだった!【親に整形させられた私が、母になる Vol.47】

親に整形させられた私が、母になる
■前回までのあらすじ
整形していることを知っても態度を変えることがない彼。そんな自分を好きと言ってくれる人がいると知り、心が生き返ってくるように感じたのだが…。

■「一緒についてきて欲しい」という彼だが…
親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる



結婚や転職をするわけでもないのに『仕事を辞める』という考えは私の中にはありませんでした。

そして摂食障害の療養も必要ないと思っていたのです。なぜならいままで高校も大学も社会人の3年間も、ずっとその状態でも頑張れていたのだから、いまさら休養するなんて甘えた考えだと思いました。

また、この仕事は今までずっと目指してきた職でした。
ただ「私」が目指していたのか、
「母」が就かせたかったのか、
「母の希望に応えなければならない」と思ったのかは、
もう心の中で複雑に絡みあっていて、自分でもよくわかりませんでした。

その職に就くためのどんな理由があったとしても、ずっと目指していた職には変わりありません。

それをそんな簡単に「辞めればいい」と言われ、職や私自身の人生を軽視されたような気がして、ショックでした。

→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。


(グラハム子)

シェア

関連記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)