ホーム レシピ > “がっつり肉派”も大満足! 「レンコンの豆腐はさみ焼き」

“がっつり肉派”も大満足! 「レンコンの豆腐はさみ焼き」

ベジタリアンの友人の家でごちそうになったとき、いただいたのがレンコンに豆腐を挟んで焼いたもの。

自分でも、レンコンにひき肉を挟むレシピは作ったことがありますが、豆腐は初めて。
豆腐のタネにもコクや香りのある食材が練り込まれていて、物足りなさはまったく感じませんでした。

あれはおいしかったなあと思い出しながら、ふっと見つけたのがこちらのレシピ。
さっそく試してみると、あのときの味がほぼ再現できて、感激!

普段は“がっつり肉派”のわが家ですが、これなら食べ応えがあるので、家族も満足。

レンコンのおいしいこのシーズン、必ず一度は作っています。

■レンコンの豆腐はさみ焼き

調理時間20分 244Kcal


レシピ制作:調理師、食生活アドバイザー、ライター 池田絵美



<材料 2人分> 
レンコン 120〜140g
豆腐 1/3丁
?白ゴマ 大さじ1
?練り白ゴマ 小さじ1
?削り節 小さじ2
?青のり 少々
?片栗粉 大さじ2
?塩 少々
?しょうゆ 小さじ1
サラダ油 大さじ1
<合わせ調味料>
?しょうゆ 小さじ2
?みりん 大さじ1
サラダ菜 2枚


<作り方>
1、レンコンは2mmほどの厚さに切ったものを水にさらし、ザルに上げ、水気を拭く。豆腐は重石をしてよく水きりしておく。

2、水きりした豆腐に、白ゴマ、練り白ゴマ、削り節、青のり、片栗粉を入れてすり鉢などで滑らかになるようすり混ぜる。塩、しょうゆも加える。

3、レンコンに(2)を適量のせ、もう1枚ではさむ。全部はさんだら、サラダ油をひいたフライパンを熱し、中火から弱火でこんがりと焼く。

4、焼き色が付いたら<合わせ調味料>の材料を入れてからめ、火を止める。皿にサラダ菜を敷き、その上にのせる。


レンコンは8枚分に切りますが、大きい場合は半月切りにして。
すり鉢で混ぜるとき、しっかり滑らかになるまですると、口当たりよく仕上がります。

(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R