ホーム エンタメ > 退院後がスタートだった 再発の心配や夫の無理解…吐き出したい不安が喉に詰まる【がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? Vol.8】

退院後がスタートだった 再発の心配や夫の無理解…吐き出したい不安が喉に詰まる【がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? Vol.8】

この漫画は書籍『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』(原作・藍原育子/漫画・内野こめこ)の内容から一部を掲載していきます(全8話)。
■前回のあらすじ
手術は無事成功。しかしそれは不安と痛みに悩まされる日々の始まりでした。










当初「退院さえすれば普通の生活に戻れる」と思っていた原作者の藍原さん。しかし患者と家族にとって「退院こそが始まり」だったと語ります。

思うようにいかない術後の生活や育児の焦り、心と体のバランスの崩れ。医療知識がある程度あった藍原さんですが、怪しげな治療や根拠のない情報にも大きく心が揺れたそう。

書籍では術後の不安や変化に戸惑いながらも、がん患者を専門に診る心の専門医「精神腫瘍科」を受診しゆっくりと再生していく道のりが描かれています。気になる方はぜひ書籍でお確かめください。

『がんの記事を書いてきた私が乳がんに!? 育児があるのにがんもきた』
原作・藍原育子/漫画・内野こめこ(KADOKAWA)¥1,320(税込)

健康系記事を書くライターが乳がんに罹患。婦人科系の病気について多数の記事を取材・執筆してきたが、いざ自分が患者になってみるとまったく違う世界が待っていた。その戸惑いと苦しみ、そして家族と共に元の生活を再生していく姿を、包み隠さず明らかにした一冊。乳がんは退院すれば終わりではなく、患者とその家族にとっては「退院こそが始まり」、育児・仕事・闘病、戦いつづけた 5年間の軌跡を、患者本人の原作&内野こめこさんの作画でコミックエッセイ化した注目の書籍。



(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)