ホーム レシピ > タラの旨みが溶けだす ニンジンとタラのフェットチーネ

タラの旨みが溶けだす ニンジンとタラのフェットチーネ

和食では冬場の鍋の具材として扱われることの多いタラですが、元は北大西洋が原産。

イタリアやフランス、北欧などのヨーロッパの国々では、ごく日常的に食卓に上がる人気の魚介食材です。タラの洋風レシピをマスターしたいという方に最初にオススメなのが、このクリームソースパスタ!

火を通すとふわっとほぐれるタラの身が、フェットチーネやソースと相まって、さっぱりなのに濃厚なおいしさ。

フェットチーネの太さに合わせてピーラーで薄くスライスしたにんじんも、パスタとよく絡み、丸々一本ペロッと食べられてしまいます。


■ニンジンとタラのフェットチーネ

調理時間20分 826Kcal


レシピ制作:料理家 保田美幸


<材料 2人分> 
ニンジン 1本
甘塩タラ 1切れ
ニンニク(みじん切り) 1片分
オリーブ油 大さじ1.5
白ワイン 大さじ3
パスタ(フェットチーネ) 140g
?塩 14g
生クリーム 150ml
塩 適量
バター 5g
粗びき黒コショウ 適量
粉チーズ 適量


<作り方>
1、ニンジンは皮をむき、ピーラーで縦にスライスする。甘塩タラはザルにのせ、熱湯をまわしかけて臭みを抜く。

2、たっぷりの湯に塩14gを入れ、パスタをゆでる。袋の表示時間の1分前にザルに上げ、水気をきる。

3、パスタをゆでる間にソースを作る。フライパンにニンニクとオリーブ油を入れて熱し、香りがたったらニンジン、甘塩タラ、白ワインを加えてフライパンに蓋をし、弱火で蒸し煮にする。いったん火を止めて甘塩タラを取り出し、皮と骨を取り除いてほぐし、フライパンに戻し入れる。

4、再びフライパンを火にかけ、煮たったら生クリームとパスタを加え、煮からめる。塩、バターで味を調えて器に盛り、粗びき黒コショウ、粉チーズを振る。


タラは煮過ぎるとパサパサッとして食感が悪くなってしまいます。
蒸し煮にする際も時間をかけすぎず、中まで火が通ったらさっと取り出してほぐすようにしましょう。


(フジノアサコ)
シェア Google+

関連記事

P R