ホーム レシピ > 「スクランブルエッグ」と「目玉焼き」、美髪に良いのはどっち?! 春キャベツで「巣ごもり卵」

「スクランブルエッグ」と「目玉焼き」、美髪に良いのはどっち?! 春キャベツで「巣ごもり卵」

コスパ抜群、しかも色々な調理法でおいしく食べられる万能さも兼ね備えた食材といえば、「卵」!

毎日の献立に助けられているという方は多いでしょう。

ただ、「卵」は調理法によってとれる栄養が変わることをご存知ですか?

たとえば、朝食の定番である「スクランブルエッグ」「目玉焼き」では、どちらのほうが美髪に良い栄養をとれるでしょう?

正解は、「目玉焼き」です。


「卵」の「黄身」に多く含まれる「ビオチン」という成分は皮膚炎を予防することから発見されたビタミンで、皮膚や髪の健康のために働きます。

ただし「ビオチン」を効率よくとるためには、白身と黄身が混じり合わない調理法にすることがポイントになります。

なぜなら、生卵の「白身」に含まれる「アビジン」という成分が、「ビオチン」の吸収を妨げてしまうからです。

ちなみに“完全食品”といわれているほど栄養豊富な「卵」ですが、残念なことに食物繊維とビタミンCは含まれていません。

そこで目玉焼きを食べるときのおすすめの組み合わせが、キャベツです。

キャベツには「食物繊維」と「ビタミンC」の両方が豊富なので、「巣ごもり卵」はおすすめの食べ方。

■巣ごもり卵
巣ごもり卵

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 1人分>
卵 1個
キャベツ 100g(1枚半程度)
ベーコン 1枚
塩 少々
コショウ 少々
オリーブ油 適量

<作り方>
1、キャベツはせん切り、ベーコンは細切りにする。

2、オリーブ油を熱したフライパンで(1)を炒め、塩をふる。

3、キャベツがしんなりしたらドーナッツ型にまとめ、中央のくぼみに卵を割り入れる。

4、ふたをして火を通し、卵がかたまったら塩コショウをして器に盛りつける。

春キャベツがおいしい季節なので、まさに今がぴったりのメニューですよ。

(長 有里子)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)