ホーム レシピ > 山菜のうまみ&モチモチ食感! 春の山菜おこわ

山菜のうまみ&モチモチ食感! 春の山菜おこわ

厳しい寒さも和らぎ、昼間は暖かさを感じる日も多くなりました。今回は春らしさを感じられるレシピをご紹介しましょう。

もち米のモチモチとした食感と、山菜のうまみがたまらない、春の山菜おこわ。具だくさんなので、それだけで立派なごちそうに見える一品です。

冷めてもおいしいので、おでかけのときに、おにぎりにして持っていったり、お花見用のお弁当につめていくのもおすすめですよ。


■春の山菜おこわ

調理時間 1時間  1人分501kcal


レシピ制作:E・レシピ


<材料 4人分>
もち米 2合
お米 1合
山菜(水煮) 1袋
油揚げ 1/2枚
<調味料>
?酒 大さじ3
?みりん 大さじ1
?薄口しょうゆ 小さじ1
?塩 小さじ1/2
木の芽 適量
ゴマ塩 適量


<下準備>
・もち米、お米は合わせて炊く30分以上前に水洗いし、ザルに上げておく。

・水煮山菜はザルに上げて水洗いし、大きい場合は食べやすい大きさに切る。


・油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、みじん切りにする。

・木の芽が大きい場合はサッと水洗いし、水気を拭き取って葉を軸から取る。

<作り方>
1、炊飯器に合わせて洗ったもち米を入れ、<調味料>の材料を加える。分量(3合分)までの分量外の水を注ぎ、油揚げ、水煮山菜を加えてスイッチを入れる。


2、炊き上がったら、10分蒸らしてしゃもじでご飯と炊飯器の間を1周して隙間を作り、底からご飯を持ち上げるようにふんわり混ぜる。茶碗によそって木の芽を散らし、お好みでゴマ塩を振る。


お米は、最初に入れる水を最も吸収するので、より良質な水を使う事をおすすめです。混ぜ過ぎるとねばりが出て、お餅の様になってしまうので、ふんわり混ぜて下さいね!

(ジェイ真葉)
シェア Google+

関連記事

P R