ホーム 子育て > 話せば母もわかってくれるはず…ほんの少しの希望さえ打ち砕かれる【親に整形させられた私が、母になる Vol.62】

話せば母もわかってくれるはず…ほんの少しの希望さえ打ち砕かれる【親に整形させられた私が、母になる Vol.62】

親に整形させられた私が、母になる
■前回までのあらすじ
結婚式前に整形するよう言う母に、容姿よりも人間性の方が重要と気づいたハム子は、「もう整形をやりたくない」と告げるのだが…。

■母にとって私の気持ちはどうでもいいことなの…?

親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる親に整形させられた私が、母になる


母には私の気持ちは伝わりませんでした。

いえ、伝わらないというより、母にとっては私の気持ちなど
「どうでもいいもの」
なのだということがよくわかりました。

今まで、「幼い頃の自分の伝え方が下手だったから伝わらなかったんだ」、「冷静に、真摯に話せば母もきっとわかってくれる」…そんなかすかな希望を持ち続けていました。

しかしそれがすべて打ち砕かれました。

→次回に続く

※この物語は私の経験を基に、一部フィクションもまざっております。


(グラハム子)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)