ホーム レシピ > 「粒納豆」と「ひきわり納豆」、骨折予防ならどっち?

「粒納豆」と「ひきわり納豆」、骨折予防ならどっち?

「納豆」はお好きですか?

好き嫌いが分かれる食材のひとつに「納豆」がありますよね。また、東日本では納豆は好まれ、西日本ではあまり好まれないということがいわれています。

骨折の中でも大腿骨の骨折は、寝たきりになる可能性の高くなる骨折です。ある調査によると、中高年の大腿骨骨折は西日本で高く、北海道や東北地方で低い「西高東低」の傾向があるとのこと。

このはっきりとした理由は不明とされているのですが、そのひとつに、ビタミンKというビタミンが関係しているかもしれないとされています。

ビタミンKはカルシウムを骨にくっつけるために働くビタミンなのですが、「納豆」非常に多く含まれます。

別の調査では、ビタミンKの血中濃度は東日本で高く、「納豆」の消費量が関係しているといった報告も。

つまり「納豆」を食べることは、骨折のリスク低下につながる可能性があるといえるでしょう。

では、「納豆」の中でも粒納豆ひきわり納豆のどちらのほうがよりビタミンKをとれるでしょうか?

それは、「ひきわり納豆」です。


粒納豆を細かくしたものがひきわり納豆だと思われているかもしれませんが、実は製造方法は違います

大豆を一粒ずつ発酵させるのが粒納豆で、大豆を砕いてから発酵させるのがひきわり納豆ひきわり納豆の方が発酵させる総面積が広くなるので、発酵の過程でできるビタミンK量が多くなるのです。

その差は1.5倍以上

今回は、カルシウムビタミンKも両方効率よくとれるピザをご紹介します。カルシウムが多い油揚げを生地にして、具にひきわり納豆を使うレシピです。

■カルシウムとビタミンKが効率よくとれる納豆ピザ

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子



<材料 作りやすい量1回分>
油揚げ 1枚
納豆(ひきわり) 1/2パック
ケチャップ 小さじ2
みそ 小さじ1/2
ピザ用チーズ 適量

<下準備>
・油揚げは3〜4等分に切る。

・ケチャップとみそを合わせておく。

<作り方>
1、油揚げをアルミホイルにのせる。

2、ケチャップとみそを合わせたものを(1)にぬり、納豆をのせて、チーズをかける。チーズが溶けるまでトースターで焼く。

成人の1日のビタミンK目安量は150μgですが、レシピのひきわり納豆1/2パック(20g)だけでビタミンKは186μg。軽々1日分がとれますよ!

(長 有里子)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)