ホーム エンタメ > 母の価値を上げる道具じゃない…私を利用しないで!/娘と私の境界線(4)【こじれた親子関係 Vol.38】

母の価値を上げる道具じゃない…私を利用しないで!/娘と私の境界線(4)【こじれた親子関係 Vol.38】

【娘sideSTORY】

私の思いを汲み取ろうとせず、成績や生徒会でのポジションばかり気にする母に、イライラは募るばかり。

そして、帰宅早々、「亜美ちゃんに負けるなんてありえない!!」と怒鳴られたことで、自分の中の糸がプツンッと切れてしまいました。



今まで溜め込んできた本音をぶつけると、母は驚いていました。

その後、慰めのつもりか「勉強が大変なのはわかる」と言っていたけど、結局は「私が受験生の頃はもっと勉強したし、親に歯向かうこともしなかった」とお説教に。

生徒会の件も、「たとえ書記でも応援してきた」と言われ、「役職ではなく、ただ人の役に立ちたい」と思って生徒会をやっている私の気持ちを、お母さんはまったくわかっていないんだとガッカリしました。そして…。




謝るのも癪だなとは思ったけど、夜になっても家が静まり返っていることが気になり、私はリビングに向かいました。

するとキッチンに、手を血だらけにして一人で応急処置をしようとしているが母がいたのです。



※この漫画は実話を元に編集しています


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)