ホーム エンタメ > 娘と自分を混同していた…親子でも超えてはいけないライン/娘と私の境界線(7)【こじれた親子関係 Vol.41】

娘と自分を混同していた…親子でも超えてはいけないライン/娘と私の境界線(7)【こじれた親子関係 Vol.41】

翌朝、可乃はいつもよりも早起きして、朝からキッチンに立ってくれました。昨夜、遅く帰り、可乃の食事作りを見損ねた夫は、その姿を見てとても嬉しそうでした。

そして、夫のある一言で、私の中のモヤモヤが晴れることになるのです。



私が比較するのは、いつも亜美ちゃんばかり。可乃自身の成長を、見ようとしていなかったのです。

周りと比べたって意味がない。それに気づいた私は、肩の荷が下りたような気持ちでした。




その後、別のママ友から「最近の亜美ちゃんママ、嫌味な発言が多くない?」「可乃ちゃんママへのマウントすごいよね」とメッセージが届きました。

それを見て、私はどうしてこんな狭い画面の中で得意がったり、落ち込んだりしていたんだろうと、むなしくなりました。 可乃はきちんと自分の意思で歩いているのに、恥ずかしい…。

でも、そんな時に思い出したのは、「料理は絶賛するレベル」という可乃の声でした。「私の誇れること」を突き詰めるため、料理の勉強を始めようか、それともお弁当屋さんで働いてみようか……これからゆっくりと、“自分のための時間”をどう過ごすか考えてみたいと思っています。

私は自分と娘の間の境界を混同して考えていました。娘の自慢は私の自慢、娘ができないことは私ができないこと。娘の成長を気にするうちに、私は自分の境界を越えて娘の中にまで入り込んでいたのです。「親子だから」といって超えてはいけない境界がある。娘が言葉にしてくれるまで気づかなかった自分自身に呆れつつも、それでもまだきちんと理解できていない部分が出てくるかもしれません。そのときは「その言葉は誰のため?」「自分のイライラは自分のもの」と境界を見定めていきたいと思います。


※この漫画は実話を元に編集しています


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)