ホーム エンタメ > 志望校詮索が止まらないママ友…手探りで子どもを支える親の孤独/櫻島家(4)【親たちの中学受験戦争 Vol.13】

志望校詮索が止まらないママ友…手探りで子どもを支える親の孤独/櫻島家(4)【親たちの中学受験戦争 Vol.13】


■前回のあらすじ
学校でいじわるをされる娘。そのいじわるをする友だちのママが参加するランチ会に行ってみると、中学受験の話題ばかり。さらに志望校の話になってしまい…。

娘の凛と波留ちゃんを仲直りさせたいと思って参加したランチ会。しかしそのメイン内容は、思いがけず中学受験のことばかりに。

その中でも話題の中心にいたのは波留ちゃんのママの舞さん。舞さんが、志望校の話をしたことで、その場の空気は凍り付きました。



結局、ランチ会で舞さんと腹を割って話すことはできず、子ども同士のトラブルもあまり深刻には受け取ってもらえませんでした。その後、舞さんは他の方と帰ってしまい、それ以上話はできませんでした。

そしてその後、舞さんが言ったとおり、志望校の探りが何度も入れられたのです…。

ずっと仲良くしていたはずが、なぜここまで話が通じなくなってしまったのか…。


凛と波留ちゃんのことが解決できないまま、舞さんの興味はわが家の志望校の話ばかりに。



凛は波留ちゃんに塾のことをいろいろ言われて悔しかったのか、家でも塾の宿題をきっちりやるようになり塾でも一番上のクラスになりました。

先生や親から「塾のクラスを言わないように」と言われても、塾内の成績や誰がどのクラスに上がった、下がったなどの情報は、どうしても飛び交ってしまうようで、おそらく舞さんも凛と同じ塾に通うママ友経由で耳にしたのでしょう。

でも凛と波留ちゃんは別の塾だからクラス分け基準も異なるのに…。



中学受験の偏差値は、各塾が出していて、例えば同じ「偏差値50」だとしても試験を受けた集団によって異なります。さらにクラス分けの基準は、それぞれの塾、さらには校舎ごとでも異なると聞きます。そんなことは中学受験をしている親なら知っているはず、それなのに…。



凛は塾や学校でも仲良しの子を見つけ、楽しくしているようです。

一方、舞さんからは、この電話以降、ぱったりと連絡がなくなり、波留ちゃんからのいじわるもなくなったようです。その後、舞さんが「学校の宿題が多すぎて塾の宿題ができない」などと学校に抗議してトラブルになったという噂も聞きましたが、私はもう舞さんと関わるのはやめようと決めました。

優しかった舞さんを追い詰めてしまった中学受験。子どもの成績は、合格実績がすごい塾に行ったからといって上がる保証はなく、「どうすればいいの?」と気持ちばかり焦る親の気持ちはすごく理解できます。

凛と波留ちゃんの関係も、もしかしたら舞さんが子どもたちを比べたことがきっかけとなり、波留ちゃんの凛へのいじわるに繋がってしまったのかも。親の会話や言葉が、子どもたちの世界に色濃く影響を与えてしまったのではないかと心配しています。

そして、娘は5年生になり、波留ちゃんは別のクラスに。中学受験の勉強を頑張るためには友だちとの切磋琢磨は必要。けれども中学受験は友だちもライバルとなるという一面も避けて通れず、我が家では今後も塾の成績、志望校などは誰にも言わないと決めています。

でも中学受験生を持つ母親は孤独。
舞さんとのことが起こった後、その私自身にもあらためてプレッシャーが圧し掛かり、凛を追い詰めてしまうことになるのです…。

次回は新たな家族が登場します。


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)