ホーム エンタメ > 包帯を取ったら退院! 安堵する私を襲ったのはまさかの…!【鼻腔ガンになった話 Vol.61】

包帯を取ったら退院! 安堵する私を襲ったのはまさかの…!【鼻腔ガンになった話 Vol.61】

■前回のあらすじ
ほかのがん患者さんと話すことでストレス発散した私。ある日、先生から突然、止血している包帯を取ろうと言われ…。

■麻酔をして包帯を取る、まさにそのとき…!








まさかの非常ベル! まさに非情! なんで今!?

前後でもなく、まさに鼻に鉗子を入れた瞬間ベルが鳴り響きました…。これぞ、現実は小説より奇なり!

入院中の終盤の記憶は、ほぼこのことしか覚えていません。いろんなことが吹っ飛ぶ出来事でした…。


■誤報と言う先生、処置は続行!?





普段だったら、私も簡単に「誤報の可能性がたかいのか〜」と思っていたと思うんですけど、状況が状況なだけに「継続!?」となりました。

私の鼻はどうなってしまうのか? 燃えてるとしたら、処置は完了できるのか!?


■非常ベルが鳴る中、包帯取り終了!







非常ベルが鳴り響く中、なんとか無事に処置が終了しました。

今思えば結構非常ベルの誤報が多かったのかと思いますが(古いビルとかだとたまにありますよね)、当時は「えー! 避難しなくていいの?」と思いながら処置を受けました。

結果的にはなんてことなかったんですけど、変に緊張して疲れてしまったのでした。
※この記事に記載された症状や治療法は、あくまでも筆者の体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(やよいかめ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)