ホーム エンタメ > まるで生き地獄! 苦しむ男性に「一緒に逃げよう」と声をかけるけれど…【母とうつと私 Vol.29】

まるで生き地獄! 苦しむ男性に「一緒に逃げよう」と声をかけるけれど…【母とうつと私 Vol.29】

■前回のあらすじ
談話室を訪れると廊下ですれ違ったあの男性の姿が…。思い切って話しかけると彼の口から病院に入ったいきさつが語られます。

■生きているのが苦しくてしょうがない…


■ここから出るのは絶対に無理…

母が入院していたのは閉鎖病棟でした。入り口は鍵で施錠され、窓は患者自ら開けることが出来ないようになっていて、看護師からも監視されていました。

そのようになっているのは、母以外にも病院から逃げ出そうとする患者が沢山いるからです。その事情を知っていたトシヤ君に「逃げるのは諦めて」と言われ、母は落胆します…。

※本記事はあくまで筆者の体験談であり、症状を説明したり、医学的・科学的な根拠を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師にご相談ください。


(笹川めめみ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ