ホーム エンタメ > 義母の本音を知った私が取った行動とは…/本音と建前が違う義母(5)【義父母がシンドイんです! Vol.174】

義母の本音を知った私が取った行動とは…/本音と建前が違う義母(5)【義父母がシンドイんです! Vol.174】

■前回のあらすじ
陰で嫁の悪口を言う義母の態度に、本音と建前が激しすぎると怒りをあらわにする夫。そんな様子をこっそり盗み聞きするしかなかった美幸。しかしうっかり見つかってしまい…。

義母の本心を聞いて、さすがにショックを受けた私。しかし、私は嫌味やマウンティングをされてもクヨクヨ考えるタイプではなくて…。



じつは仕事柄、ネガティブな発言をする人に接する場面があり、相手の負の感情を心に入れてしまうと仕事が進まなかったり、相手との関係もぎくしゃくしてしまったり…、という経験がありました。

それもあって、その場では相手に寄り添いながらも、自分の心の中には溜め込まないようにするクセがついていました。

とはいえさすがにこれまで「優しい義母」を信じ切っていた私も動揺しました。でも基本的に私は「自分のせいかも」と悩むよりも、「そんな感情を持っていたんだ」と興味深く思ってしまいます。そこで義母の本音を聞いた私は…。





良好な関係を築けていると勝手に思い込んでいた私は、義母の裏の気持ちにはまったく気づけていませんでした。

ただ義母の本心を知ってしまったことで、建前ばかりの義母に裏で何か言われるぐらいならいっそ面と向かって言われる方が気が楽と気持ちを切り替えました。また私自身はあまりウソが得意ではないので、義母に合わせて本音と建前を使い分けることは難しいだろうと思ったのです。

それからというもの、お義母さんは欲しいものや要望を素直に言ってくれるようになりました。もちろんかなえることができないときは、こちらも正直に「お義母さん、それはできません」と伝えています。そういうと、お義母さんはいつも少し顔を赤くしながらも、「美幸さんがそういうなら無理なのよね」と納得してくれています。

※この漫画は実話を元に編集しています


(フィクション・スタジオ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ