ホーム レシピ > いつものパスタをこれに変えれば超本格イタリアン!「パッケリのラザニア風」

いつものパスタをこれに変えれば超本格イタリアン!「パッケリのラザニア風」

新型コロナウイルスの影響で、幅広いジャンルの料理を家で作る機会が増えたためにパスタの需要が伸び、食材屋で取り扱うパスタは量も種類も増えている様子。

少し変わった形のパスタを選んで、ネットで由来を調べたり、レシピを検索して本格的なパスタ料理を作るのも楽しいですね。今回は「パッケリ」を使ったラザニア風のグラタンをご紹介します。

■「パッケリ」ってどんなパスタ?


「パッケリ」とはイタリア語のpacca(平手打ち)が由来の、とても大きな筒の形をしたパスタ。もっちりとした食感も特徴で、濃厚なミートソースとホワイトソースによく合います。

ボリューム感があり、前日に準備をして翌日に焼き上げることもできるので、パーティーにもおすすめのメニューです。
パッケリのラザニア風
いつもと違ったパスタ料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。

■「パッケリのラザニア風」

どちらかのソースを市販で作るとぐっと手軽に


調理時間 1時間


レシピ制作:保田 美幸



<材料 2人分>
<ミートソース>
合いびき肉 200g
玉ネギ 1/2個
ニンジン 1/6〜1/5本
ニンニク(みじん切り) 1片分
オリーブ油 大さじ1
トマトピューレ 100g
赤ワイン 大さじ1
ローリエ 1枚
炒め玉ネギ(市販品) 30g
塩 小さじ1/2
粗びき黒コショウ 適量
<ホワイトソース>
バター 20g
小麦粉 大さじ2
牛乳 300ml
塩 小さじ1/2
パッケリ 80g
ゆでる塩 小さじ2
ピザ用チーズ 適量

<下準備>
・玉ネギとニンジンは皮をむき、みじん切りにする。

・鍋に湯を沸かして塩を加え、パッケリを表示の時間通りゆでてザルに上げる。

<作り方>
1、<ミートソース>を作る。フライパンにオリーブ油を中火で熱し、合いびき肉をそぼろ状に炒める。玉ネギ、ニンジン、ニンニクを加えてしんなりするまで炒め合わせ、トマトピューレ、赤ワイン、ローリエ、炒め玉ネギを加え、煮たったらフライパンに蓋をして弱火で10分煮る。最後に塩、粗びき黒コショウで味を調える。


2、<ホワイトソース>を作る。小鍋でバターを中火で溶かし、小麦粉を炒める。フツフツと火が通ってきたら牛乳を2〜3回に分けて加えて都度泡立て器で手早く混ぜてソース状に伸ばし、塩で調味する。


3、<ホワイトソース>の半量を耐熱容器にのばす。ゆでたパッケリに<ミートソース>の半量を詰めて並べ、残り半量の<ミートソース>と<ホワイトソース>を順に重ね、ピザ用チーズをのせる。
パッケリのラザニア風

4、予熱をしていないオーブンに(3)を入れ、230℃で15分焼いて取り出す。




ミートソースとホワイトソースはどちらかをお気に入りの市販品を使ってもOKです。





(保田 美幸)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ