ホーム エンタメ > 「うちにはアレルギー持ちはいない」問題の矛先が私に…/アレルギーに理解のない義父(2)【義父母がシンドイんです! Vol.218】

「うちにはアレルギー持ちはいない」問題の矛先が私に…/アレルギーに理解のない義父(2)【義父母がシンドイんです! Vol.218】

■前回のあらすじ
アレルギーを持つ子どもを気遣いながら生活する優美。しかし、たまに行く義実家が悩みの種です。今回もアレルギーに理解のない義父は食べれば治ると迫ってきました。

義実家で出された食べ物の中にアレルギーが含まれていて食べられないと説明しても、お義父さんは納得いかないようで食べろと強要してきました。



アレルギー除去食を用意するのは大変だし、義父のこともあって、できるだけ義実家では私が食事用意を担当できるよう義母にお願いしていたのですが、それでも毎回同じような騒動が起こってしまいます。

お義母さんがアレルギーに理解があり、それだけが救いなのですが…。




どうしても食物アレルギーという疾患を理解できないお義父さん。私が原因でこんな事態になっているといわんばかりの口攻撃をするようになってきて…!


※この漫画は実話を元に編集しています


※この記事に記載された症状は、あくまでも投稿者さまの体験談であり、症状を説明したり治療を保証したりするものではありません。気になる症状がある場合は医師や専門家に相談いただき、ご自身の判断によって適切なご対応をお願いいたします。

(フィクション・スタジオ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ