ホーム エンタメ > 産後の体の変化に精神崩壊 経験したママから「わかるわかる」と共感の声

産後の体の変化に精神崩壊 経験したママから「わかるわかる」と共感の声

初めての出産で娘の“こはさん”を産んだまきこんぶさん。初めての赤ちゃんのお世話も大変なのに、自分の体と心の変化が予想外すぎて…。
■爆泣王が誕生した!
母子同室でいきなり我が子の世話が始まった育児の日々。おむつ替えすらわからない状態で、初めはワクワクドキドキしていました。
しかもうちの子は…泣き止まない!

夫も私もよく泣く子だったと聞いていたので、きっと元気に泣く子が生まれるだろうなぁとは思っていたものの、ここまでとは思ってもいませんでした(笑)。

それでも産後ハイも手伝って、夜泣きするときは朝ごはんを楽しみにしながら、病室で育児に励んでいました。

こはさんは想像を遥かに超えるほど爆泣きする娘でまったく泣き止まないことから、助産師さんたちは明らかに困惑している様子でした。

■出産後の私の体に起きた変化とは
産後でもっとも怖かったのはトイレ。尿意をもよおし、助産師さんを呼ぶのがいやでたまりませんでした。

足がむくむと歩きにくく、スリッパもうまくはけない状態。そして、何をしていなくても痛かったです。それでも産後ハイになっている私はすぐに治るだろうとお気楽に考えていました……。

そしてついに退院の日を迎え、このあたりから私の産後ハイのエンドロールが流れ始め……いよいよ地獄の幕開けに!!

入院中は産後ハイや来客のおかげでとても楽しかったものの、退院日、急に不安や焦りに襲われ涙が止まらなくなってしまいました……。

そして、なんとか実家に帰宅したものの…情緒不安定が爆発!

父と兄は私を少しでも落ち着かせるためにとても頑張ってくれたのですが…。

■胸がガチガチに! あまりの痛さに精神崩壊!

おっぱいが、みるみるうちにガチガチに硬くなり…搾ることもできず、どうしていいかわからず、ついに精神崩壊!
ママ友から乳腺炎の恐ろしさを聞いていたので、恐怖に怯えるばかりでした……。

母なら何かわかるかもしれないと電話してみたものの、仕事中ということもあり、軽くあしらわれる始末。ここで意外な救世主が登場するのですが…!

読者からの「わかる!」「乳腺炎の大変さを思い出した…」など、共感の声がたくさん届きました。


■わかるわかる! 楽しく読めました
乳腺炎の経験がある方もない方も、やはり産後の体の変化に悩まされた方は多いようでした。


産後のトイレは最強ですよね。毎回ヒヤヒヤしながら入って、出てきてげっそり瀕死の状態でした(笑)。


私は4人とも完母育児ですが、乳腺炎になったことがなく辛さがわからないとこが残念ですが、友達の体験談を聞いて震えた記憶があります。でもこの漫画を見て、思わず笑ってしまいました。産後ってほんとどのタイミングで精神崩壊するか自分でもわからないし、4人居て育児に余裕があるとはいえ、みんながみんなまったく同じなわけじゃないからその子その子で大変なところもあるし、世の中の育児に参加しない旦那さんにはほんと大変だってゆうところを1〜10まで見せてあげるためにもこうやって漫画にしてわかりやすくしていただけるのは、ありがたいです^^


とても共感しました。私も母乳が出ず胸が張り、とても痛くて触られるのも嫌で産後鬱じゃないかってぐらいいろいろ拒否反応がありました。漫画を通して私だけじゃなかったんだと思え、これから出産される方にも良い情報になると思います。


わかるわかる!で楽しく読めた。お腹の3人目を待ちつつ一人目、二人目の時を思い出せました。


乳腺炎の大変さを思い出して、二度と同じ経験したくないと改めて思いました。もし次があるなら完ミにすると決意したのを思い出します。素敵な友達ですね。私もそんな人になりたいです。


全てが共感できます。 私も頑張らないとという気持ちにさせてくれました。


産後の不安に悩まされる方は多いと思います。まきこんぶさんは親友に助けられましたが、ウーマンエキサイトにも同じような経験をされた方のエピソードが多数掲載されています。ぜひご覧になって参考にしてみてくださいね。

 

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ