ホーム エンタメ > 父の不倫発覚から月日が流れ…目を真っ赤にした父が母に伝えたある事実とは?【父がW不倫して家庭崩壊した話 Vol.16】

父の不倫発覚から月日が流れ…目を真っ赤にした父が母に伝えたある事実とは?【父がW不倫して家庭崩壊した話 Vol.16】

■前回のあらすじ
母は離婚をしないと決断したものの、父と母は家庭内別居状態に。そしてお正月を迎え、父はある場所へコソコソと出かけていきます。

■父が突然母に伝えたこと

突然の姫野さんの訃報。気付いた時は末期で余命も長くなかったとか。

気の毒だとは思ったけど父と不倫をして母を苦しめてきた人。そんな人のために母に喪服を用意させようとするなんてあんまりだと思いました。

喪服くらい自分で用意できるよね。父は母に言い返されると舌打ちをしたそうです。

どこまで最低な人なの?


■自分を責める母

同情したほうが良かったのだろうかと母なりに悩んでいました。

そしてこれで父の不倫は幕を閉じ、もう悩まされる事もないだろうと思っていたのですが…。


(虹野葵)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ