ホーム エンタメ > 点数の悪いテストを捨てた息子…塾に行かせるべき?/教育ママの子育て(2)【親子関係ってどうあるべき? Vol.92】

点数の悪いテストを捨てた息子…塾に行かせるべき?/教育ママの子育て(2)【親子関係ってどうあるべき? Vol.92】

■前回のあらすじ
恵美は夫と息子の3人暮らし。息子には自分のように学歴で苦労してほしくないと思っているが、そんな母の心は露知らず、息子は友達とゲームばかりして勉強しない…。そして案の定、テストの点は壊滅的だった。

40点のテストを隠していた康太。きっと康太は、いつもあれこれと口うるさい私に怒られたくなくて嘘をついていたのでしょう。
でも私はこの時そこまでの考えが及ばず、康太が嘘をついたことと、テストを私に見せずに捨てたこと、そして信じられない点数の低さがショックで、感情的になっていました。






康太には塾のことを話していませんでしたが、プロが勉強を教えるのが一番だと思い、私は半ば強引に入塾を決めました。康太は嫌がるだろうけれど、「塾に入ってよかった」と思う日がきっと来る、そう信じていました。何よりも早く行動を起こさないと、どんどん周囲に成績で取り残されてしまい、将来取り返しがつかなくなると思ったのです。昔の私のように…。



※この漫画は実話を元に編集しています


(Re,AER(レアエル))

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ