ホーム エンタメ > 父は母の使い込みに気づいてなかった…どう伝えればいい?/孫名義の貯金通帳の行方(9)【義父母がシンドイんです! Vol.250】

父は母の使い込みに気づいてなかった…どう伝えればいい?/孫名義の貯金通帳の行方(9)【義父母がシンドイんです! Vol.250】

■前回のあらすじ
母の使い込みという真実を知って実家を飛び出し、裏切られた気持ちで涙を流す亮太。しかし思い出したのは、厳しい父の下、母が俺の願いを叶えようとしながら一生懸命育ててしてくれた姿だった。そして、亮太は母は父や自分に追い詰められていたのかもしれないと思い…。

<夫sideSTORY>

父さんを居酒屋に呼び出すと、驚きながらも仕事帰りに来てくれました。そして…。







やっぱり父さんは何も気づいていなかった…。

父さんはあまり趣味もなく、何かにお金をかけるといった生活ではなかったように思います。付き合いと称して同僚と飲み会に行ったりはあったと思いますが、自身がそこまでお金を使わないことに苦でなかったことから母さんや俺にも同じように強いていたのかもしれません。

どう伝えるのがいいのか? 俺は、慎重に言葉を選びながら話さなければ…と焦る気持ちを懸命に抑えようとしていました。



※この漫画は実話を元に編集しています


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ