ホーム エンタメ > 憧れだった京町家暮らしなのに…生活音を気にしつつの育児が次第にストレスに【隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話 Vol.1】

憧れだった京町家暮らしなのに…生活音を気にしつつの育児が次第にストレスに【隣人に生後一ヶ月半の息子を拉致された話 Vol.1】

8年前、息子が生まれて間もない頃の話です。

育児をする上でいろいろな学びを得た出来事だったので描き残したいと思いました。

話の大筋は自分の体験談がベースになっていますが多くのフェイクを入れておりますので、フィクションとして見ていただけるとありがたいです。




近所の距離が近い京町家に引っ越してきたのに、ご近所付き合いをほとんどすることなく過ごしていました。

生活音に気を使いながら育児をし引きこもる日々は、次第にストレスのタネになっていったのです。


(星田つまみ)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ