ホーム エンタメ > 「小学生でもできることで稼いでズルい」そんなこと思われてたの?/ママ友の仕事がうらやましい(6)【私のママ友付き合い事情 Vol.312】

「小学生でもできることで稼いでズルい」そんなこと思われてたの?/ママ友の仕事がうらやましい(6)【私のママ友付き合い事情 Vol.312】

■前回のあらすじ
「誰にでもできる」という亜季の謙遜を真に受けたらしく、自分も仕事を始めると言いだした桃子さん。困ったときは助け合いだからと、亜季の手助けを期待しているようなのですが…。

何の経験もなく、フリーランスとして自宅で仕事を開始するのはいくら何でも難しすぎる。そう思った私は、実情を説明したほうがいいと思ったのですが…。




このまま桃子さんと付き合っていくのは難しいと感じた私は、これ以降、メッセージが来ても「今は忙しい」とだけ返信するようにしました。


※この漫画は実話を元に編集しています


(ウーマンエキサイト編集部)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ