ホーム レシピ > 牛乳にレモン汁を混ぜるだけでトロミがつく!「レモンラッシー」の作り方

牛乳にレモン汁を混ぜるだけでトロミがつく!「レモンラッシー」の作り方

最近は、国産レモン人気が高まっていますね。国産レモンは防カビ剤を使わないので、安心して皮まで食べられるということが人気の理由のようです。

私の実家ではレモンが採れるようになり、ここ数年はたくさん送ってもらえるようになりました。ただ、なかなか一気に消費はできないので、ほとんどは半分に切って冷凍保存をしています。

牛乳にレモンを入れるとヨーグルト風に!


でも、昨年末から今年の年始にかけて、牛乳の大量廃棄を避けるための協力のお願いがありましたよね。

そのとき、手助けになればと買っていた牛乳がレモン汁と組み合わさるとおいしいラッシーになることがわかり、今年は年頭からレモンラッシーにはまっています。牛乳にレモンを入れると、とろみがついてヨーグルト風になるのがおいしいです。

私は更年期の年齢になっているので骨粗しょう症予防に、育ち盛りの娘には骨密度を高めるため、家族でよく飲んでいるレシピをご紹介します。


■レモンラッシー

レシピ制作:管理栄養士 長 有里子


<材料>
牛乳 150ml
レモン 大さじ1.5杯
はちみつ 大さじ1杯

<作り方>
1.コップにレモンとはちみつを入れてよく混ぜ合わせる。
2.牛乳を少しずつ入れて混ぜる。


このレシピにある牛乳の分量(150ml)で、165rのカルシウムをとることができます。
一日のカルシウムの推奨量(20代-60代)は650rなので、この1杯で1日の約1/4がとれることに。

間食にもおすすめですよ。

(長 有里子)
タグ
シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ