ホーム 子育て > 春になると思い出して気が引き締まる… とある清掃員さんとの出来事【やっぱり家が好き〜おっとぅんとみったんと私〜 第71話】

春になると思い出して気が引き締まる… とある清掃員さんとの出来事【やっぱり家が好き〜おっとぅんとみったんと私〜 第71話】

こんにちは。渋谷です。

めっきり春めいてきましたね。

ほんのり暖かくなってくるこの時期になると思い出すことがあります。

長女・みったんがまだ2歳くらいでオムツをしていた頃、とある商業施設にいた清掃員さんのことです。

とある商業施設にキツ目の清掃員さんがいた。

少し物言いがキツめの清掃員さんに怒られつつ、みったんとトイレに行くと長蛇の列。

しかしトイレはそこにしかなく、早く空いてくれるのを願いつつ並ぶしかありませんでした。



みったんとトイレに並んでいると、トイレの列を避けて多目的トイレに並ぼうとするギャルがふたり。そのとき清掃員さんが…。

普通のトイレに並ぶ長蛇の列を尻目に多目的トイレに並び始めたピチピチギャル(死語)ふたり。

実際誰が使っても良いワケだし、結局並ぶのは同じなので私はそのふたりと多目的トイレをスルーしてそのまま列に並び続けていました。

するとそこに現れた、さっきのキツめの清掃員さん。

「小さい子連れてるお母さんが先でしょ!」と言ってくれたのです…!

なんとわざわざ私たちを多目的トイレに誘導してくれたのでした。

キツめとか思ってすみませんでした…

私は当時「子連れ」ということでいろいろ人の目を気にしていたので、ものすごくハッキリ意見をバシッと言い切る姿と優しさにじんわりしてしまいました。

すごく嬉しかったんでしょう、この時期になると無意識レベルでこのことを思い出すのです。

そして、人に優しくされてきた分を他の人に返そう! と気を引き締めるきっかけにするのでした。
(渋谷さえら)

シェア

関連記事

あなたにおすすめの記事

P R

eltha(エルザ by オリコンニュース)

ページトップへ